ライノウイルス 子どもの感染リスクが話題沸騰!ライノウイルスは?★画像・動画★ネットの声は?

ライノウイルス 子どもの感染リスクがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ライノウイルス 子どもの感染リスクの概要は?ライノウイルスは?

ライノウイルス 子どもの感染リスクのニュースが次のように報道されています。

ライノウイルスは、新型コロナやインフルエンザウイルスとは違い、アルコール消毒が効きにくいという特徴があります。ただ、せっけんなどを使った手洗いは有効です。

 新型コロナウイルスが流行する裏で、「ライノウイルス」という別のウイルスの感染リスクが、子どもの間で高まっていると、東京大学医科学研究所が発表しました。

 ライノウイルスは、鼻やのどの粘膜に炎症を起こす一般的な「風邪」の原因ウイルスですが、肺炎などの合併症を引き起こし、重症化する恐れもあります。

 東京大学医科学研究所などの研究グループによりますと、去年1月から9月の間、10歳未満の子どもについては、新型コロナウイルスの感染がほとんど見られなかった一方で、ライノウイルスが例年の2倍以上の検出率となったといいます。

 一体、どうしてなのでしょうか。

 東京大学医科学研究所の河岡義裕教授は「ライノウイルスとインフルエンザウイルスについては、ウイルス同士の干渉作用により、互いの流行が抑えられることが知られています」としています。

 また、子どもは、ライノウイルスに感染した経験が少なく免疫が不十分なため、感染が拡がったとみられます。

 ライノウイルスは、新型コロナやインフルエンザウイルスとは違い、アルコール消毒が効きにくいという特徴があります。ただ、せっけんなどを使った手洗いは有効です。

 主に春と秋に流行するということで、この先、注意が必要です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ライノウイルス 子どもの感染リスクが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のライノウイルス 子どもの感染リスクに関しての画像や動画です。

ライノウイルス 子どもの感染リスクの動画をどうぞ。

“コロナと別のウイルス”子どもの感染リスク高まる

スポンサーリンク

ライノウイルス 子どもの感染リスクのネットの声は?

ライノウイルス 子どもの感染リスクのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ライナウイルスとは何ぞや、と思って他所で調べてみたが、要は普通の風邪の原因ウイルスなんですね。まあ記事にも記載はあるが。
ならば普通の風邪が流行っている、的なタイトルにしてほしいなと思いました。」という意見と
「ライノなんて元々春先に流行る風邪じゃん。
今までも普通に流行ってたし「風邪」で済ませてきたやつ。
煽るものいい加減にしてよ。」という意見と
「本当に怖いのは現在のライノウイルスより将来インフルエンザが再興して大流行した時なんだけどね
今の乳幼児はそれまでの世代と比べてインフルエンザに対する抵抗力が脆弱になるのが確実なので」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ライノウイルスねえ。次はアデノかマイコプラズマか。全部皆さんよく知ってる「風邪」の原因。特殊な感染症ではない。

…日本だと新型コロナも今やほぼただの風邪なんだけど、それ言うとなんか怒られるんだよね…なぜだろう…」
「こんな煽るだけ煽る、不透明な医者の先生や学者の名前、病院名はしっかりと覚えておきましょう。背景にどの機関か、製薬会社との関わりは?など、どう繋がっているかが、信憑性のある記事かどうか一つの判断基準になります!くれぐれも鵜呑みにはしていけません。気をつけましょう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ライノウイルス 子どもの感染リスクおわりに

今回はライノウイルス 子どもの感染リスクに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のライノウイルス 子どもの感染リスクは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ライノウイルス 子どもの感染リスクについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ライノウイルス 子どもの感染リスクの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ライノウイルス 子どもの感染リスクの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事