日米2+2 中国念頭 結束アピールへが話題沸騰!茂木外務大臣と岸防衛大臣は?★画像・動画★ネットの声は?

日米2+2 中国念頭 結束アピールへがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

日米2+2 中国念頭 結束アピールへの概要は?茂木外務大臣と岸防衛大臣は?

日米2+2 中国念頭 結束アピールへのニュースが次のように報道されています。

茂木外務大臣と岸防衛大臣は16日、来日したアメリカ・バイデン政権の国務長官、国防長官と初めての対面での会談に臨みます。中国を念頭に、揺るぎない日米同盟をアピールする狙いです。

 茂木外務大臣と岸防衛大臣は16日、来日したアメリカ・バイデン政権の国務長官、国防長官と初めての対面での会談に臨みます。中国を念頭に、揺るぎない日米同盟をアピールする狙いです。

 日米の外務・防衛閣僚会合、いわゆる2+2に出席するアメリカのブリンケン国務長官、オースティン国防長官ともに就任後、初めての外遊先が日本となり、15日に来日しました。

 日本の外務省関係者は「日米同盟の力強さを示すものだ」としています。

 2+2では尖閣諸島周辺などでの活動を強める中国に対する懸念が共有されるほか、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力などで一致する見通しです。

 ブリンケン長官らは菅総理大臣への表敬訪問も予定しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

日米2+2 中国念頭 結束アピールへが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の日米2+2 中国念頭 結束アピールへに関しての画像や動画です。

日米2+2 中国念頭 結束アピールへの動画をどうぞ。

きょう「日米2+2」 中国念頭に結束アピールへ

スポンサーリンク

日米2+2 中国念頭 結束アピールへのネットの声は?

日米2+2 中国念頭 結束アピールへのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「クワッドの枠組みも聞いた時には疑問に思ってましたが、なかなかです。2プラス2のあとにアラスカにより、そこで中国と会談。中国をアラスカまで呼びつけた形。プライドは高い中国がそれに応じる事自体が嫌がっている証。それだけ、中国も焦っているのではないかと思います。クワッドはどんどん進化させて欲しい。」という意見と
「日本が如何に衰退した国家だと再認識した感!!アメリカと中国に忖度を繰り返し、何とか助けてくれと哀願して居る様だね??自国の領土や国民を自国で守れない国が一流国家と言えるのか?情けない限りだね??平和憲法も結構だが??好き放題に領土侵略されて居たんじゃ話に成らない!!自国を守る強力な軍事力を持ち、中国と互角に交渉できる状況を作り、アメリカとの互角の同盟関係を結ぶべきだよ!!今の状況はアメリカと中国に忖度を繰り返して居る様にしか見えないよ!!!!!」という意見と
「外務省は日米同盟の力強さなどと言っていますが、日本政府の対応は日本国民から見ても頼りないですからね。
日本政府は、いい加減に腹を決めて、中国に対抗してもらいたいですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「この協議は意外と期待出来るかもな。ブリンケン長官は、なかなかの男との噂。しかも米国は中国を前政権がジェノサイド認定云々で国際社会や国際世論を味方に付けた。表舞台には、いないが未だに安倍前総理とトランプ前大統領のビッグパワーを感じるな。」
「バイデン政権の閣僚に言葉遣いに気を付けた方が良い。中国に対するトランプの表現が「自由主義国への脅威」から「自由主義国への競争者」に変化している。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

日米2+2 中国念頭 結束アピールへおわりに

今回は日米2+2 中国念頭 結束アピールへに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日米2+2 中国念頭 結束アピールへは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回日米2+2 中国念頭 結束アピールへについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

日米2+2 中国念頭 結束アピールへの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

日米2+2 中国念頭 結束アピールへの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事