東北新社 総務省 認識違うが話題沸騰!総務省側は?★画像・動画★ネットの声は?

東北新社 総務省 認識違うがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東北新社 総務省 認識違うの概要は?総務省側は?

東北新社 総務省 認識違うのニュースが次のように報道されています。

一方、総務省側は「報告を受けた覚えはない」と否定し、「当時の文書やメモに、そのようなものはなかった」などと説明しました。武田総務大臣は今後、検証委員会で調査を行うとしています。

衛星放送関連会社・東北新社が外資規制に違反していた問題で、東北新社の社長は、国会で4年前に総務省の担当者に違反の認識を伝えていたことを明らかにしました。これに対して総務省は、報告は受けていないとして認識が食い違っています。

東北新社が4年前に受けた衛星放送事業の認定をめぐっては、武田総務大臣が先週、放送法の外資規制に違反していたことがわかったとして、子会社に移された認定を取り消す方針を明らかにしています。

15日、国会に出席した東北新社の中島社長は、認定後の2017年8月に、当時の総務省の担当者に対して、違反していた認識を報告していたことを明らかにしました。

東北新社・中島信也社長「8月9日ごろに、4K認定について、総務省の担当部署に面談し、報告したとの報告を受けております」

総務省・吉田情報流通行政局長「当時の総務省の担当者に、確認いたしました。そういう外資規制に抵触する可能性がある旨の報告を、受けた覚えはない。そのような重大な話なら、覚えているはずであるということでございました」

一方、総務省側は「報告を受けた覚えはない」と否定し、「当時の文書やメモに、そのようなものはなかった」などと説明しました。武田総務大臣は今後、検証委員会で調査を行うとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東北新社 総務省 認識違うが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東北新社 総務省 認識違うに関しての画像や動画です。

東北新社 総務省 認識違うの動画は以下から確認をお願いします。

“外資規制違反”東北新社と総務省認識違う

スポンサーリンク

東北新社 総務省 認識違うのネットの声は?

東北新社 総務省 認識違うのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「東北新社がこのように主張することは、違法な認定を自分だけに責任を負わされるのを拒否する態度を示したことを意味する。
 通常考えると、新社、総務省とも気付かなかったとした方が双方にとって痛みは小さいはず、しかし、ここで新社側は違法を認識していたことを暴露しても得るものがないのに、敢えてこのようにしたのはやはり総務省にもそれなりの責任を負って貰い、すべてを自分にかぶらせることを拒否する態度を示したことになる。と言うことであれば、新社側は今までばれている接待くらいのことよりはもっと重量級のネタを持っているのでは無いかと推測できる。
 もしこれが本当なら、いづれ総務省から責任を負わされる生贄が出ることになるかも知れない。」という意見と
「単純に言った言わないの議論になると、本当に水掛け論で終わりそうな気がする。とは言え、違法性に絡む話だから、東北新社側もメモとしては残しにくかったのかな。本当に総務省担当者に説明していたのであれば、逆に証跡を残す意味で明文化しておくだろう。」という意見と
「切り取ったニュース映像しか見ていないが、その限りでは、首相の長男はうちの社員だから守る。しかし対政府に関しては戦うべきところは忖度なしに正当に戦う。って姿勢が見えて好感持てますね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「この混乱の中で、NHKの罰金法令がしれっと通過しないようお願いします。NHKも相当根回ししてますよね。きっと。」
「日テレだって、フジだって過去に外資比率違反してただろ、東北を不遡及的放送局免許剥奪するなら日テレ、フジも同様に剥奪処分だろ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東北新社 総務省 認識違うおわりに

今回は東北新社 総務省 認識違うに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東北新社 総務省 認識違うは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東北新社 総務省 認識違うについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東北新社 総務省 認識違うの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東北新社 総務省 認識違うの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事