駿河湾 イカが話題沸騰!捕まえられたのには?★画像・動画★ネットの声は?

駿河湾 イカがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

駿河湾 イカの概要は?捕まえられたのには?

駿河湾 イカのニュースが次のように報道されています。

本来、深海に生息しているトウガタイカが駿河湾で捕まえられたのには、駿河湾が持つある特徴が関係しているといいます。

SNSに投稿された“ある生き物”の動画が、「神秘的」などと話題になっています。透明な体を持ち、本来、深海に生息しているとみられるこの生き物。どんな性質で、なぜ駿河湾で見られたのでしょうか?

■Twitterで反響を呼んだ深海に住むある生き物

Twitterに投稿され、神秘的などと話題になっている、ある“生き物”の動画。この“生き物”を捕まえたのは、都内に住む大学生の井口卓磨さん(21)です。井口さんに、捕まえたときの経緯を聞きました。

 「珍しい深海生物の観察が趣味で、深海生物が多く目撃されている駿河湾沿いの漁港を訪れていました」

今年1月、いつものように深海生物を見ようと駿河湾を訪れたという井口さん。午後10時頃、ライトで海面を照らしていると、図鑑などで見覚えがある“生き物”が浮遊しているのを発見したといいます。

 「見た瞬間、トウガタイカだ!本物だ!と思い、急いですくい上げました」

■神秘的な生き物「トウガタイカ」とは

 「飛び出ている黒い目、2本だけが長くなっている脚など、形状の特徴からトウガタイカの子どもだと思われます」

イカなどの生態に詳しい東海大学海洋学部の佐藤成祥講師によると、井口さんが捕まえたのは、深海に生息するイカの一種、トウガタイカとみられるということです。また、特徴のひとつである透明な体については、外敵の捕食から身を守るために進化したのではないかと推測されるということです。

本来、深海に生息しているトウガタイカが駿河湾で捕まえられたのには、駿河湾が持つある特徴が関係しているといいます。

■珍しい生き物が見られる駿河湾

佐藤講師によると、駿河湾の水深は一番深いところで2500メートルほどあり、様々な深海生物が繁殖しているといいます。その中でも、泳ぐことが苦手で、比較的浅いところを泳いでいる一部のイカの子どもが、冬の南風で引き起こされる表層流に流されて海面まで浮上してきたのではないかということです。

このような駿河湾が持つ特徴などにより、本来見ることが難しい生き物たちの姿を見ることができるといいます。

井口さんは、こうした珍しい生き物の生きた姿を見てもらうことで、深海生物に興味を持ってもらえるとうれしいと話しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

駿河湾 イカが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の駿河湾 イカに関しての画像や動画です。

駿河湾 イカの動画は以下から確認をお願いします。

“透明”なイカ「神秘的」と話題に 駿河湾

スポンサーリンク

駿河湾 イカのネットの声は?

駿河湾 イカのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「駿河湾って、海底模型とか見ればわかりやすいけど、海岸から離れたらすぐ深海って感じの地形なんだよね。
子供の頃、図鑑とかを見ながら駿河湾に何となく憧れていたのを思い出した。
こんな風に、漁港を歩いているだけでも深海生物が見つかるんだね。
いいなあ。」という意見と
「深海には見たこと無い生物がたくさんいますね
自分にはすごい興味ある記事です
またカモフラージュする能力など解明できたら
人類の科学の進歩にもつながるとおもう」という意見と
「水生生物で透明な生き物ってけっこういますよね
そういうのを集めている水族館みたいのはないのかな」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「深海生物が水揚げされたりする度に、地震が来るんじゃないか、物凄く心配になるのは私だけ?」
「透明人間になるB級ホラー映画は酷い内容だったなあ。美しさのカケラもなし。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

駿河湾 イカおわりに

今回は駿河湾 イカに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の駿河湾 イカは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回駿河湾 イカについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

駿河湾 イカの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

駿河湾 イカの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事