変異ウイルス 研究結果が話題沸騰!研究チームは?★画像・動画★ネットの声は?

変異ウイルス 研究結果がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

変異ウイルス 研究結果の概要は?研究チームは?

変異ウイルス 研究結果のニュースが次のように報道されています。

研究チームは調査対象の都市名を明らかにしていませんが、見つかったのは数ある変異型のなかでもイギリス型に近い特徴があったといいます。

 「変異ウイルス」に関して気になる研究結果です。

 下水から変異ウイルスの遺伝情報が発見されたというのですが、問題はその時期。

 下水に含まれるウイルスの遺伝情報を調べることで、その地域の流行状況が分かる。北海道大学などの研究チームは、去年から全国5つの大都市の下水を調べてきました。

 ところが、変異ウイルスが検出されたのは去年12月に採取した下水。ということは、その地域ではすでに…。

 北海道大学大学院・北島正章助教:「下水から変異ウイルスの遺伝情報が検出されるためには、ある程度、その都市のなかで感染が広がっていると考えないと説明がつかない。11月中旬から12月初めのどこかの時点でウイルスが侵入して感染が広がったと…」

 研究チームは調査対象の都市名を明らかにしていませんが、見つかったのは数ある変異型のなかでもイギリス型に近い特徴があったといいます。

 今後は調査対象を拡大することで感染流行の実態をつかんでいきたいと話しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

変異ウイルス 研究結果が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の変異ウイルス 研究結果に関しての画像や動画です。

変異ウイルス 研究結果の動画をどうぞ。

変異ウイルス、いつ拡大?12月上旬の下水から検出

スポンサーリンク

変異ウイルス 研究結果のネットの声は?

変異ウイルス 研究結果のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この記事で言う下水って汚水の事なんですかね。
この手の調査は国内外問わず第一波の頃からされてますが、個人的に興味があるのは新型コロナの第一報よりも前の採取サンプルや検体の調査で、特に後者は国内においていつから新型コロナ患者がいたか推測するのに役立つと思うし、ここら辺も国で積極的な調査と公開をして欲しい。」という意見と
「全国の新型コロナ国内の発生の状況のグラフを見ると、昨年12月初旬から今年1月初旬にかけて新規感染者が急拡大し、1月8日に新規感染者数7949人を数えてピークとなり、現在は微増減を繰り返しながら減少中と考えることができると思う。そしてその感染急拡大は12月上旬には下水から検出されている、変異株によるものだったと考えるのが、実際のところ妥当ではないだろうか。」という意見と
「12月ですか、、、
変異種が増え始めてから3ヶ月後にはイギリスでは制御不能というほど拡大した。
しかし、日本では現在それほどの事態になっていないのは何故か?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「これを2ヶ月3ヶ月経った今になって
公にしてどうするの?
だったら判明した時点で地域を公表して
更なる注意を呼び掛けるべき話しじゃないの?」
「2度目の緊急事態宣言を出した第3波は変異株によるものだと考えるのが妥当なところだろう。 gotoや気温の低下だけではないと思う。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

変異ウイルス 研究結果おわりに

今回は変異ウイルス 研究結果に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の変異ウイルス 研究結果は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回変異ウイルス 研究結果について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

変異ウイルス 研究結果の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

変異ウイルス 研究結果の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事