ワクチン調達 6月末までに1億回分が話題沸騰!国内では?★画像・動画★ネットの声は?

ワクチン調達 6月末までに1億回分がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ワクチン調達 6月末までに1億回分の概要は?国内では?

ワクチン調達 6月末までに1億回分のニュースが次のように報道されています。

国内では、11日までにアナフィラキシーの疑い例が36例報告されているが、いずれも症状は改善されているという。

ワクチンの供給が順調に進めば、6月の終わりまでに1億回分を超える見通しが明らかになった。

ワクチン接種担当・河野規制改革相「6月分はさらに5月分を上回る供給量となる予定です」

新型コロナウイルスのワクチン供給について、河野規制改革相は会見で、5月はファイザー社製のワクチンが、毎週およそ1,000万回分届くという見通しを明らかにした。

順調に進めば、供給量は6月末までに1億回分を超え、政府が契約している1億4,400万回分のうち、少なくとも7割を確保できることになる。

徐々に、ワクチンの供給スケジュールが明らかになる中、医療従事者に対する2回目の接種を終えた看護師が感想を語った。

2回目の接種を終えた看護師「アナフィラキシーが起きているということではなくて、『痛かったね』とか『2回目どうだった』という程度の話ではあるので、ほっとしているところ」

一方、副反応を検討する厚生労働省の専門部会は、アナフィラキシーの疑いがあるとして3月9日までに報告された17例のうち7例を、ワクチンとの因果関係が否定できないアナフィラキシーだと判断した。

残りの10例のうち9例は、十分な情報が得られておらず、判断できないとし、1例はアナフィラキシーではないとしている。

ワクチン副反応検討部会・森尾友宏部会長「海外の報告を見ると、予防接種の開始当時は報告の頻度が高かったり、逆に丁寧な報告を求めた場合に頻度が高かった。報告にばらつきがあるというのが現状」

国内では、11日までにアナフィラキシーの疑い例が36例報告されているが、いずれも症状は改善されているという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ワクチン調達 6月末までに1億回分が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のワクチン調達 6月末までに1億回分に関しての画像や動画です。

ワクチン調達 6月末までに1億回分の動画は以下から確認をお願いします。

ワクチン調達 6月末までに1億回分 順調に進めば

スポンサーリンク

ワクチン調達 6月末までに1億回分のネットの声は?

ワクチン調達 6月末までに1億回分のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この一億回の中にはアストラゼネカのワクチンは入っているの?

今朝のニュースで、アストラゼネカ社製のワクチンを接種後血栓発症した死亡事故。

デンマークが一時中断していると言うニュース。

医療従事者と高齢者の分は目処が立ったようです。
高齢議員さん達には率先して接種願いましょう。」という意見と
「>順調に進めば、供給量は6月末までに1億回分を超え、政府が契約している1億4,400万回分のうち、少なくとも7割を確保できることになる。

違うでしょ。
2回接種なんだから、2億8800万回分の契約。
マスゴミ、大丈夫か?」という意見と
「一億回とか多く見せようと印象操作している。

要は凄まじく遅れているということ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「早く接種せねば
もうこんな事は終わりにしたい
自由に出歩きたい」
「順調に進むわけがない笑笑」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ワクチン調達 6月末までに1億回分おわりに

今回はワクチン調達 6月末までに1億回分に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のワクチン調達 6月末までに1億回分は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ワクチン調達 6月末までに1億回分について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ワクチン調達 6月末までに1億回分の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ワクチン調達 6月末までに1億回分の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事