岸防衛大臣 中国海警法が話題沸騰!台湾についても?★画像・動画★ネットの声は?

岸防衛大臣 中国海警法がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

岸防衛大臣 中国海警法の概要は?台湾についても?

岸防衛大臣 中国海警法のニュースが次のように報道されています。

台湾についても軍事バランスが中国に有利に変化し、その差が拡大していることに岸大臣は中台の直接の対話への期待を示しました。

 カナダでの国際会議にオンライン出席した岸防衛大臣は、尖閣諸島周辺での中国による武器使用を認めた海警法に基づく活動を批判しました。

 会議のなかで岸大臣は先月以降、武器使用を認めた中国の海警局の船が沖縄県の尖閣諸島周辺の日本の領海内に繰り返し侵入していることなどについて、「我が国の主権を侵害するものであり、断じて受け入れられない」と批判しました。

 そのうえで、中国側と意思疎通を図りつつ、東シナ海や南シナ海の周辺国など国際社会と連携していく考えを強調しました。

 台湾についても軍事バランスが中国に有利に変化し、その差が拡大していることに岸大臣は中台の直接の対話への期待を示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

岸防衛大臣 中国海警法が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の岸防衛大臣 中国海警法に関しての画像や動画です。

岸防衛大臣 中国海警法の動画をどうぞ。

「断じて受け入れられない」中国海警法に岸防衛大臣

スポンサーリンク

岸防衛大臣 中国海警法のネットの声は?

岸防衛大臣 中国海警法のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「何時もの事だが、断じて受け入れられないと言いつつ
何の対策もしない日本政府、この状況は中国公船を日
本が受け入れているのと同じ事だと思う。主権を主張
するのなら、それに相応しい対抗措置を講ずるのは国
家として当然の行為、これが出来無いのなら領有権争
いは終わっている。」という意見と
「岸大臣の発言は当然の事だ。

断じて受け入れられないのは言うまでもなく、
武装船が領海侵入を繰り返し居座り、日本漁船を威嚇追尾するのは完全に国際法違反。
国際法上の無害通航には全く該当しない。

クワッド首脳会談が昨日行われ、16日にアメリカ国務長官と国防長官がペアで来日する。
尖閣の防衛について突っ込んだ会談を期待したい。

尖閣は日米安保の範囲内である事は明確にされているが、
領土領海と日本漁船の安全操業を守る事は、国家として日本の義務である。

日本は主権を守る為、実行動を取る用意がある、アメリカ海軍と積極的に連携し強力な抑止力を発揮したいと言って然るべき。

尖閣防衛は日本領土領海の防衛だけの事ではない。
台湾と尖閣を結ぶ線は、太平洋に理不尽な覇権を伸ばしたい中国に対する重要な防衛ライン。

太平洋に関わる国の安全保障上、クワッド包囲網で強力に中国を閉じ込めなければならない。」という意見と
「脅しに屈するようでは後が無い。日本は海自の戦闘艦を領海内に配備し、どの国であろうと領海内に侵入する艦艇は撃沈するくらいの気概を持たないと、尖閣は奪われるだろう。一度奪われると二度と戻らないのは千島列島で経験済みでなないか。奪われないように全力を尽くすべきである。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「中国に対して、日本の安全保障を経済の犠牲にしている政府に理解出来ません。一日も早く、尖閣諸島に緊急避難所や防衛基地等の設置をして、実効支配のレベルアップを図るべきです。」
「先ず具体的に行動をとることが最優先と思いますね。
日本の固有領土なんだろ?日本政府さん。
そこに危機が迫っている漁業がままならないチャイナの船が侵略している事で充分国際法に乗っ取って施設建立してくれよ。
それをしないならばどんな言葉を言おうが意味はないしチャイナに通用する筈がない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

岸防衛大臣 中国海警法おわりに

今回は岸防衛大臣 中国海警法に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の岸防衛大臣 中国海警法は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回岸防衛大臣 中国海警法について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

岸防衛大臣 中国海警法の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

岸防衛大臣 中国海警法の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事