アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告が話題沸騰!専門家部会は?★画像・動画★ネットの声は?

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告の概要は?専門家部会は?

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告のニュースが次のように報道されています。

厚生労働省の専門家部会は、新型コロナウイルスのワクチン接種後、アナフィラキシーの疑いがあると報告された17例のうち7例についてアナフィラキシーと判断しました。

厚生労働省の専門家部会は、新型コロナウイルスのワクチン接種後、アナフィラキシーの疑いがあると報告された17例のうち7例についてアナフィラキシーと判断しました。

厚労省の専門家部会は、今月9日までにワクチンを接種した3万6762人のうち、アナフィラキシーの疑いがあると報告された17例を検討した結果、7例をアナフィラキシーと判断しました。このうち6例は症状が重いと考えられるということですが、全員回復しています。

また、ワクチン接種の3日後に、くも膜下出血で死亡した女性については、現段階では、情報が不足しているとしてワクチンとの因果関係は評価できないとしました。

海外に比べてアナフィラキシーの報告頻度が高い点については、「日本では疑い例も含め幅広く報告されていることに留意すべき」などの意見が相次ぎました。

一方、1回目の接種を終えた1万7000人あまりの先行接種の医療従事者について、健康観察の中間報告も公表されました。接種した部位の痛みがあった人はおよそ92パーセントにのぼり、痛み止めを飲む人もいたほか、翌日に痛みが出る傾向があるということです。また、接種後37.5℃以上の発熱があった人は全体の3パーセントでした。

調査を担当する順天堂大学の伊藤澄信客員教授は、「痛みは抗体を作っているプロセスと考えられ、一定程度の痛みはあると認識してほしい」と話しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアナフィラキシー 日本は疑い例含め報告に関しての画像や動画です。

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告の動画は以下から確認をお願いします。

<アナフィラキシー「日本は疑い例含め報告」/a>。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告のネットの声は?

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「初回のワクチン接種をしました。
記事にあるように注射部位の痛みは同僚ほぼ全員に出現していますが、程度は個人差があります。
私個人は、痛み自体は強めでしたが鎮痛薬を使うほどでは無く、2日後にはほぼ気にならなくなりました。

嘔気や頭痛、下痢などの副反応は想定されている副反応ですし、アナフィラキシーは他の予防接種でもあり得ますが程度は多くありません。
過剰に怖がるのでは無く、打てる機会が得られるのであれば、打つべきだと個人的には思います。」という意見と
「何をしても報道機関が揚げ足を取ります。ワクチン接種は報道機関は不安を煽る記事ばかりなので機関としてワクチン接種を辞退すればいい。納得します。」という意見と
「湿疹出てる人いますね
命の危険はなくとも湿疹は長引くし、アルコール消毒が出来なくなるし、
仕事や生活に支障が出ます
ニトリル手袋なんか汗かいて湿疹がひどくなると思う
医療従事者さん達の生の声を聞きたいですね」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「まだ、医療従事者へのワクチン接種だ。病院にはアナフィラキシーに詳しい医師がいて当然だ。そうした医師の判断でアナフィラキシーと診断されたと想像される。その半数余りが所謂、誤診断?
あり得ないでしょう。」
「できるだけ情報公開した方がいい
政府や省庁の都合で隠すともっと厄介になる」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告おわりに

今回はアナフィラキシー 日本は疑い例含め報告に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアナフィラキシー 日本は疑い例含め報告は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アナフィラキシー 日本は疑い例含め報告の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事