厚労省職員 過労死ラインの残業が話題沸騰!厚生労働省は?★画像・動画★ネットの声は?

厚労省職員 過労死ラインの残業がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

厚労省職員 過労死ラインの残業の概要は?厚生労働省は?

厚労省職員 過労死ラインの残業のニュースが次のように報道されています。

厚生労働省は、およそ400人の職員が、今年1月に「過労死ライン」とされる月80時間以上の残業を行っていたことを明らかにしました。

厚生労働省は、およそ400人の職員が、今年1月に「過労死ライン」とされる月80時間以上の残業を行っていたことを明らかにしました。

これは衆議院の厚生労働委員会で厚労省が明らかにしたもので、今年1月に過労死ラインとされる80時間以上の時間外労働を行った職員は、398人にのぼったということです。そのうち、80時間以上100時間未満の時間外労働を行ったのが221人、100時間以上150時間未満が149人、150時間以上が28人で、最長は226時間だったということです。

国家公務員の時間外労働をめぐっては、新型コロナ対策推進室の職員が今年1月の平均でおよそ124時間、最も長い職員でおよそ391時間、正規の勤務時間以外に在庁していたことが問題になっていました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

厚労省職員 過労死ラインの残業が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の厚労省職員 過労死ラインの残業に関しての画像や動画です。

厚労省職員 過労死ラインの残業の動画は以下から確認をお願いします。

厚労省職員約400人が過労死ラインの残業

スポンサーリンク

厚労省職員 過労死ラインの残業のネットの声は?

厚労省職員 過労死ラインの残業のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この数値は氷山の一角かと。

今は勤怠にICチップの入った職員証をかざすことでシステムで管理していることと思いますが、時間外申請はまた別。予算もありますので上限以上は切られているのかと。

お金の問題ではないですが、疲れきった頭では確かな政策は生まれないし、職員が辞めていったらそのフォローでまた辞めて行きます。

やらなくていいことも多いと思います。まずは劣後順位で。例えば、職場の親睦会とか会計処理の面倒な割には仕事に直結しないし、無くしてしまいましょう。」という意見と
「コロナ1年も続くなか 厚労省の職員さん大変ですね。異常事態とはいえ 事務のシステムが 効率的にできてるかなんでしょうね。「公務員が多すぎる 自ら身を切る改革を」のセリフは立民の江田氏ですが それだけではただの後ろ向きの考え方。先ずは厚労省だけでなく日本政治(国会運営まで含めた)行政全体の 生産性の向上でしょう。国民はこれからますますスピードと高いレベルの行政を要求してくるんじゃないでしょうか。」という意見と
「こんな時期にだからしょうがない!
サービス残業で宜しく!!
国民の大半は毎年サービス長時間残業で苦しんでいます!!
身を持って思い知れ!!!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「大変だと思います。感謝もしています。
でも何?だから何?残業代も当然出ます。国の為に、国民の為に存在する機関です。
申し訳ない、非常時だから仕方ないと思う。
民間企業で残業代も削られ、非常時だから仕方ないなんて当たり前です。保証されている分いいかと思う。後は個別で対応すればいいかと。
要は民間企業は黙ってそんなこととっくに受け入れてこなしているんだよ。くだらないことで論争しているんじゃないよ!」
「過労死ラインの残業をやっているのに、コロナは全く抑えられないのはどうしてでしょうか。コロナの初期処方の薬で有効だと言われるアビガンはまだ認証せず、天下りしか考えてない官僚に要はありません。コロナ対策に有効な策を考えられない官僚がどうなろうと知りません。もうワクチンができたからいいや。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

厚労省職員 過労死ラインの残業おわりに

今回は厚労省職員 過労死ラインの残業に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の厚労省職員 過労死ラインの残業は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回厚労省職員 過労死ラインの残業について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

厚労省職員 過労死ラインの残業の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

厚労省職員 過労死ラインの残業の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事