東北新社子会社 認定取り消しが話題沸騰!武田総務相は?★画像・動画★ネットの声は?

東北新社子会社 認定取り消しがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東北新社子会社 認定取り消しの概要は?武田総務相は?

東北新社子会社 認定取り消しのニュースが次のように報道されています。

武田総務相は12日朝、東北新社が事業認定を受けた時点で既にこの外資規制に違反していたことがわかったとして、現在は東北新社の子会社に移されている衛星放送事業の認定を取り消す考えを示しました。

総務省幹部らを接待していた東北新社が外資規制に違反していた問題で、武田総務相は、東北新社子会社の衛星放送事業の認定を取り消す方針を明らかにしました。

菅首相の長男らによる接待問題が、衛星放送事業の認定取り消しという事態にまで波及した形です。

武田総務相「重大な瑕疵があったものと判断し、今般、当該認定の取り消しに向けて必要な手続きを進めていくことと致しました」

放送法では、衛星放送の事業認定を受けるには、議決権の外国資本比率が20%未満でなければならないと定めています。

武田総務相は12日朝、東北新社が事業認定を受けた時点で既にこの外資規制に違反していたことがわかったとして、現在は東北新社の子会社に移されている衛星放送事業の認定を取り消す考えを示しました。

来週、東北新社側から聞き取りを行い、いつ放送を停めるかなどを決める方針です。

一方、国会では、NTTが過去に総務相らと会食をしていた問題について、野党議員が総務相経験者らを総務省による調査の対象に含める考えはあるかただしました。

これに対し武田総務相は、「倫理法令の対象ではないため、調査の対象にはならない」と答えました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東北新社子会社 認定取り消しが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東北新社子会社 認定取り消しに関しての画像や動画です。

東北新社子会社 認定取り消しの動画は以下から確認をお願いします。

総務相 東北新社子会社“認定取り消し”へ

スポンサーリンク

東北新社子会社 認定取り消しのネットの声は?

東北新社子会社 認定取り消しのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「武田大臣は倫理法とは関係ないと言うが、そもそも接待問題で文春砲が炸裂していなければ、この問題も見過ごされたままだったろうと思います。
そうすると、菅の息子の功績(?!)は歴史に語り継がれるような事かも知れない。十人も十五人もが書類をチェックして忍印押して行き、最後に山田のおばさん(決済権者)が決済印押して完成なのに、誰一人気付かなかったなんてあり得ない!山田のおばさんからは退職金没収しておいて、地検に告発して欲しい。」という意見と
「「認定取り消し」はそうなんでしょう。
しかし国民の関心は、「東北新社、NTTと結託して、行政を私物化していた総務省」
と「便乗して違反を犯していた歴代総務大臣」の悪行を明らかにすべき、という点。

総務省内の調査を本気でやるなら、検察や完全独立の民間の第三者機関で実施すべき。
例えて言うなら「窃盗犯の家宅捜索を窃盗犯の仲間にやらせるのか?」と同じ。
「東北新社やNTTを処分して終まい」など絶対させてはいけない。
総務省及び歴代総務大臣(勿論、菅義偉を含む)を徹底的に捜査すべき。」という意見と
「残念な結果だ。
誰も言わないことだが・・・
自分が高校生のころ洋画の字幕・吹き替えといえば東北新社だった。
映画ファンにはおなじみの会社なのである。
30年以上も経つと業界も様変わりするものだ。
おまけに東北の大震災の10年目にあたる今年に、同じ東北を冠する老舗メディア会社が告発されるなんてね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「外国資本率20%超違反・・・って、フジテレビは?

韓国資本がかなり入っているが。」
「総務省幹部らや接待していた東北新社を絶対許すな!!文春砲バンザーイ。ガンバレ文春。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東北新社子会社 認定取り消しおわりに

今回は東北新社子会社 認定取り消しに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東北新社子会社 認定取り消しは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東北新社子会社 認定取り消しについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東北新社子会社 認定取り消しの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東北新社子会社 認定取り消しの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事