東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへが話題沸騰!総務省は?★画像・動画★ネットの声は?

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへの概要は?総務省は?

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへのニュースが次のように報道されています。

総務省は参議院予算委員会で、総務官僚出身の野党議員から指摘を受けて、事実確認を進めていました。

総務省幹部らを接待していた東北新社が外資規制に違反していた問題で、武田総務相は東北新社子会社の衛星放送事業の認定を取り消す方針を明らかにしました。

武田総務相「重大な瑕疵(かし)があったものと判断し、今般、当該認定の取り消しに向けて、必要な手続きを進めていくことといたしました」

総務省は参議院予算委員会で、総務官僚出身の野党議員から指摘を受けて、事実確認を進めていました。武田総務相は12日朝、東北新社が衛星放送事業の認定を受けた時点で既に外資規制に違反していたことがわかったとして、現在は東北新社の子会社に移されている衛星放送事業の認定を取り消す考えを示しました。

来週、東北新社側から聞き取りを行い、視聴者の契約状況などを確認し、いつ放送を止めるかなどを決める方針です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへに関しての画像や動画です。

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへの動画は以下から確認をお願いします。

東北新社子会社の衛星放送 認定取り消しへ

スポンサーリンク

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへのネットの声は?

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「放送法の外資出資比率20%の規制はほとんど機能していません。外国人の株式保有率は、日本テレビは23%、フジテレビは32%もあるわけですが、名義の書き換えを拒否することで脱法しています。東北新社も他社のように数字を誤魔化していれば処分を逃れることができたはずです。
しかし法の趣旨を考えれば、日本テレビやフジテレビは東北新社よりよほど悪質ですし、しっかり処分するべきでしょう。」という意見と
「この問題の本質は、放送法による現行大手テレビ放送の独占・既得権が揺らがないところにある。大手テレビは、系列の新聞・雑誌メディア含め、ここの既得権益に関してはまた黙殺・封殺するだろう。しかし本当の本質は、スガ長男氏を使ってでもしないと、新たな放送電波を事実上使用できないという、強固な既得権構造があることだ。無論元郵政系の総務省の対応責任も問われるが、本当はその既得権益に長々と居座り続けられる大手テレビ放送系のマスメディアの問題も深刻だと思う。放送法上の自分たちの既得権益の問題には、今回も触れないだろう。
野党やネットメディアや独立系の雑誌メディアは、こういう本質的な世の中の矛盾に風穴を開ける議論を提起すべきと思います。」という意見と
「こうも簡単に認定を取り消すということは認定にも不正がある可能性が高いことを意味する。
検察が実態解明、そして政府に忖度することなく公平に事件性を捜査し厳格に立件することを期待する。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「外資20%越えしているのに衛星放送認可されていて
衛星放送認可した責任者が違法接待を受けていた。
これは、完全に贈賄で国家公務員倫理規程違反
曖昧にせずに徹底的に精査して罰しなければならない。」
「取り消しなんて当たりまえだろ。武田は自らも接待受けてたくせに何が厳しくだ。笑わせるな。どいつもこいつも国会で偽証しても、勘違いでしたとか言い返金すればお咎め無しの茶番。外資大好きBKD竹中平蔵のお友達の菅内閣の裏側はこんなのばかりで、氷山の一角と感じる。総務省は、大臣や幹部を含め組織ぐるみの犯罪集団。何やっても身内に甘く民の血税から捻出される数千万の退職金は、天下り先でももらう。東京地検特捜部は今動かなくていつ動くのかね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへおわりに

今回は東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東北新社子会社 衛星放送 認定取り消しへの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事