海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルが話題沸騰!スチール製のパネル?★画像・動画★ネットの声は?

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルの概要は?スチール製のパネル?

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルのニュースが次のように報道されています。

また11日、志布志市などの上空を飛行した、ヘリコプター「TH-135」が基地に戻ってきたところ、機体のパネルが開き、スチール製のパネルの留め具がなくなっていた。

海上自衛隊のヘリから、部品落下のトラブルが相次いでいる。

海上自衛隊鹿屋航空基地によると11日、鹿児島・鹿屋市上空や海上を飛行したヘリコプター「SH-60K」が基地に戻ってきたところ、プロペラ付近のボルトの緩みを防ぐためのワイヤとチューブが外れていたという。

また11日、志布志市などの上空を飛行した、ヘリコプター「TH-135」が基地に戻ってきたところ、機体のパネルが開き、スチール製のパネルの留め具がなくなっていた。

部品落下にともなう被害の報告は入っていないという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルに関しての画像や動画です。

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルの動画は以下から確認をお願いします。

海自ヘリ 部品落下トラブル スチール製パネル不明

スポンサーリンク

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルのネットの声は?

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「悪意のある記事ですね。メディアは正確なことを正しく伝える義務を履行していない。「スチール製パネル」と「その留め具」ではインパクトが違いすぎる。
因みに、自衛隊は愚直に全ての部品落下を公表してますが、民間航空会社ではこの手の日常茶飯事ですよ。」という意見と
「見出しで「スチール製パネル」ってか書いてあるけど、本文読んだら「スチール製留め具」だった。全然ちゃうやんw 普通に考えて航空機のパネルに鉄板使わんよな。
書いた人は意味わかってないんだろうけど、見出しは正確に!」という意見と
「なぜ自衛隊のことになると擁護されるんだろうか
緩み止めワイヤーってワイヤリングのことでしょ?
緩んじゃいけないボルトを物理的に緩まないようにするための方法であってそのワイヤーが外れたってことは多少なりともボルト緩んでるかと
ましてやそれが回転翼付近となると墜落の可能性も
整備品質が落ちてきてるのも事実では?
お金がないのか人が足りてないのか技術伝承が出来てないのか根本的な原因究明が必要かと」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「いちいち報道していたら防衛出来ません。タイヤに着いた。土、雪落ちても報道しますか。」
「最近よくものを落とすな。
しかし、スチール製パネルと留め具は偉い違いだな・・・。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルおわりに

今回は海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

海上自衛隊ヘリ 部品落下トラブルの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事