山梨県 お花見が話題沸騰!山梨県の長崎幸太郎知事は?★画像・動画★ネットの声は?

山梨県 お花見がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

山梨県 お花見の概要は?山梨県の長崎幸太郎知事は?

山梨県 お花見のニュースが次のように報道されています。

“リバウンド”も懸念されるなか、政府や東京都の小池知事は「お花見を控えて」とメッセージを出していますが、山梨県の長崎幸太郎知事は「ぜひお花見をしてほしい」と反論しました。

東京都では12日、新たに304人の新型コロナウイルス感染が確認されました。4日連続で、前週の同じ曜日を上回っています。

“リバウンド”も懸念されるなか、政府や東京都の小池知事は「お花見を控えて」とメッセージを出していますが、山梨県の長崎幸太郎知事は「ぜひお花見をしてほしい」と反論しました。

長崎幸太郎知事:「送別会、歓迎会、お花見については、山梨県の感染状況が収まっているので、ぜひ大いに行って頂きたいと思うが、感染拡大リスクも引き続きあるので、こういう形で気をつけて頂いて会を催して頂きたい」

山梨県の新規感染者は今月に入って9人。12日現在の病床使用率は1.1%、重症者はゼロです。

知事の発言に対し、加藤官房長官は11日、歓送迎会や花見などについては自粛を求めていると説明。今度は、長崎知事が反論しました。

長崎幸太郎知事:「政府がやるべきことは、田舎の歓送迎会にいちいち口出しすることではなくて、もっと大きなことに気を配って頂きたい。そもそも感染防止対策の最前線の責任は各県の知事にあるわけですから、我々山梨県の(感染)状況を見て、歓送迎会、お花見は全く差し支えないと、注意をしながらであれば差し支えないと、そういう話をすることのどこが悪いんだと」

山梨県も無条件での会食を認めているわけではありません。特に3~4月の会食については、短時間で飲み過ぎない、席は斜め向かいかパーテーション越し、移動やお酌はしないなど、細かいルールを設けています。

県では、飲食店に対し、独自のガイドラインを設けています。東京のレインボーマークは、自己申告制ですが、山梨では、県が店の感染対策を実際に調査して『グリーン・ゾーン認証』というお墨付きを与えています。

ほうとう・おざら『ちよだ』店主・斉藤義伸さん:「山梨のやり方だと、客も安心するんじゃないか。自分たちで(感染対策を)やっていると、自己満足になっちゃう。完璧な認証ステッカーなので、客も店も安心だと思う」

しかし、売り上げは芳しくありません。例年なら満杯の宴会場も、ほとんど予約は入っていない状態です。

ほうとう・おざら『ちよだ』店主・斉藤義伸さん:「山梨は発症する人数も少ないし、立場も状況も違う。(国が)言っていることが正解だとしても、我々には、山梨県知事の言っていることがありがたいのは間違いない」

長崎幸太郎知事:「政府がやるべきは、十把一絡げに行動の自粛を要請して、感染制御ができている所も、できていない所も同様にして、経済をつぶすような話ではなくて、優良事例をしっかり研究して頂いて、それを他の自治体・地域にお勧めする通達を出して頂きたい」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

山梨県 お花見が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の山梨県 お花見に関しての画像や動画です。

山梨県 お花見の動画をどうぞ。

山梨「ぜひ歓送迎会・お花見を」独自対策で感染者減

スポンサーリンク

山梨県 お花見のネットの声は?

山梨県 お花見のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「そんなに感染防止をしたいなら、政府としてオリンピック中止をするのが、一丁目一番地じゃないかな。
オリンピック中止は間違いなく、国民のウィルス感染リスクを減らしますが、何故そこには触れないのでしょうか?
小さい個単位の花見や歓送迎会、過去には甲子園の高校野球、コンサートやイベント開催を責めるなら、巨大なオリンピックイベント開催そのものを責める方が、効果的に伝わるし、手っ取り早いし、感染防止の観点からも中止要請が必要でしょう。
政府が開催と中止で矛盾することを言うから、まわりからの信頼を失う。
当たり前のことだよ。」という意見と
「同調圧力による批判を恐れず正しい判断のできる知事だと思う。神奈川県民として羨ましい。

増えたり減ったりするものなのだから、増減に合わせて対策し行動するほうが、納得感もあるし正しい知識も身につく。仮にまた増えたとしても、過去に減らした経験を元にもう一度我慢して減らそうと思えるやり方だ。

一方で、緩むと増えるという想像だけで、首都圏を巻き込んで緊急事態宣言を無策に延長した結果、減るどころか増やしてる東京都。
緊急事態なのにだらだら続けても、納得感がない上に結局いつまでも正しい知識も理解も浸透しない愚策としか思えない。メリハリがない対策に効果がないのは当たり前。」という意見と
「山梨に来てみたらいいよ。グリーゾーン認証店行ってみたらいいよ。認証受けた後にアルコール消毒だけ残して他の対策やってない店いっぱいあるから。アクリル板なんてない。客の人数制限ない。抜き打ち検査したら殆どの店アウトだから。山梨来てみたらいいよ。何もない街だけど。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「山梨県知事の政府に忖度しない勇気ある発言に救われました。

タイトルだけを見るとコロナ脳の人は誤解するかもしれませんが
地方の歓送迎会のような小さいことにに口出しするのではなくて、もっと大きなことに政府は気を配ってくださいと、そう仰っていました。
本当にその通り。

ネットでつぶさに調べればわかるが、ほとんどの国民、特に高齢者はTVからしか情報を得られない。
本当に国がすべきことは、正しい数値、割合をわかりやすく説明し、むやみに一律に恐れるものではないと伝えることのはずなのに。

そもそも、医療体制の強化とか一年言い続けて何も進んでいない。
指定感染症を一年も延長し、国民に不安を煽り続けているだけ。
医師会やワクチンビジネス、オリンピックの利権のために国民が犠牲になっている

私たちのごく当たり前の生活、時間を取り戻すために、勇気あるトップが増えていって、この異常な状況を変えてほしい。」
「厚労省と政府自治体の無能が、国民の楽しみと将来を全て奪い尽くしそうだ。

まあ、こんな奴らしか政治家のいない日本、自治体にしたのは、国民自身の民度の反映。

パフォーマンスだけでなく科学的に政治の仕事のできる政治家を普段から選んでおかないと、という教訓にはなったが。
平次はあってもなくてもいいが、非常時はなくては困るポジションなのだ。
所詮政治家は、落選すれば終わりの非正規だ。しかも立候補するだけで異様に金がかかり被選挙権行使の敷居をメチャあげているから、まともな人は立候補しないし、有能な人は別の世界でそれなりのポジションに既に常勤でついてる。
しかし、緊急事態が起きると能力が要求されて、本人は能力あるからトップポジションにいると勘違いして、無能なまま指揮しようとする。
悲劇は始まり悲惨な結果を産む。大戦で懲りたはずだが、もう世代交代で経験者はいない。
さあ、全国民で同じ過ちを繰り返そう!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

山梨県 お花見おわりに

今回は山梨県 お花見に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の山梨県 お花見は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回山梨県 お花見について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

山梨県 お花見の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

山梨県 お花見の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事