衰弱子ネコ 柴犬が話題沸騰!見守り続けたのは?★画像・動画★ネットの声は?

衰弱子ネコ 柴犬がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

衰弱子ネコ 柴犬の概要は?見守り続けたのは?

衰弱子ネコ 柴犬のニュースが次のように報道されています。

衰弱した子猫に寄り添って見守り続けたのは優しい柴犬でした。

 衰弱した子猫に寄り添って見守り続けたのは優しい柴犬でした。

 カーペットの上で見つめ合うのは6歳の柴犬「どんぐり」と1歳の三毛猫「たんぽぽ」です。

 この後、たんぽぽが思わぬおてんばぶりを発揮。

 ちょっかいを仕掛けて来たどんぐりの上に乗り、マウントを取ったかと思うと、カブリと甘がみです。

 さらに今度は顔を容赦なくガブリ。

 さすがにこれは、かまれたどんぐりも怒るのかと思いきやペロペロとなめてやります。

 なぜ、こんなにおてんばな猫、たんぽぽに優しくするのでしょうか。

 そこには、ある事情がありました。

 約2年前、飼い主の宮路ひまさんが複合施設の駐車場で弱っていたたんぽぽを見つけて保護しました。

 その時、たんぽぽは深刻な栄養失調で風邪もひき、結膜炎で片目が開かない状態だったといいます。

 元気に育つだろうか…。そう心配する宮路さんにはもう一つ悩みがありました。それは、おうちにいる柴犬のどんぐりがたんぽぽを受け入れてくれるのかどうか。

 初対面の様子。カゴの中で鳴く子猫に警戒するどんぐり。そして、顔合わせ。すると、どんぐりはちゅうちょすることなくたんぽぽをなめ始めました。

 その後、どんぐりは思いもよらない行動に出ます。

 たんぽぽが飲むミルクを、なぜか欲しがりだしたのです。以来、2匹はそろって仲良くミルクを飲むようになりました。

 そして、たんぽぽは元気に成長していきます。

 ところが、遊んでもらおうと必死にしがみ付いてくる子猫のたんぽぽを辛抱強く相手してやるどんぐり。

 しかし、たんぽぽが大きくなると、たんぽぽのじゃれ方はどんどんエスカレート。さすがのどんぐりも動揺を隠せません。

 どんぐりお姉さんのおかげでしょうか、たんぽぽは宮路さんの心配をよそに、伸び伸びと成長しています。

 保護された時の、あの弱弱しさはどこにもありません。

 そんなたんぽぽを見て宮路さんは、こう話します。

 保護した宮路ひまさん:「やっぱり野良猫の世界って思っている以上にすごく過酷で、今いる、家に中にいる子を野良猫にしないことがすごく大事なことだなと思いますね」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

衰弱子ネコ 柴犬が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の衰弱子ネコ 柴犬に関しての画像や動画です。

衰弱子ネコ 柴犬の動画をどうぞ。

愛情にホッコリ 衰弱子ネコを柴犬が“献身介護”

スポンサーリンク

衰弱子ネコ 柴犬のネットの声は?

衰弱子ネコ 柴犬のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「どんぐりもたんぽぽも可愛い~
種類の違う動物でもこんなに心通わせることができるんだなあと思います。
我が子にご飯も食べさせないで虐待する人間がいるのにほんとどんぐりの優しさを見習ってほしい。」という意見と
「小さくて弱いものは助けなくては、と動物でも思うのに、人間は何しているんだろう~と情けなくなります。
たんぽぽちゃん、沢山のやさしさに包まれて元気に育ってね(*^-^*)」という意見と
「柴犬の「どんぐり」&三毛猫の「たんぽぽ」
可愛くて癒されるよね。

たんぽぽちゃんは優しい飼い主さんに保護して貰って、それからは、優しいどんぐりちゃんにも、可愛がって貰って本当に良かったね!
2匹で遊びながら、どんぐりちゃんが舌でペロペロしている姿が最高に可愛いです!!
これからも、2匹で仲良くしてね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ワンコとニャンコ、種族を超えた愛ですね。

家の中にいる猫を野良猫にしない
本当にそうですよね。保護はしたけど脱走しないようにしないといけないです。
玄関は一番危険なので特注で木材を使って7万近くかけて脱走防止してます。
見た目気にしなければワイヤーネットのドアを作れるので、猫飼いさんにはおすすめです!」
「仲良いなぁ。
どんぐりお姉ちゃんとこれからもずっと仲良くね、たんぽぽちゃん。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

衰弱子ネコ 柴犬おわりに

今回は衰弱子ネコ 柴犬に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の衰弱子ネコ 柴犬は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回衰弱子ネコ 柴犬について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

衰弱子ネコ 柴犬の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

衰弱子ネコ 柴犬の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事