東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへが話題沸騰!武田総務大臣は?★画像・動画★ネットの声は?

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへの概要は?武田総務大臣は?

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへのニュースが次のように報道されています。

総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」の衛星放送事業について、武田総務大臣は外資規制違反により認定を取り消す考えを示しました。

 総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」の衛星放送事業について、武田総務大臣は外資規制違反により認定を取り消す考えを示しました。

 武田総務大臣:「当該認定の取り消しに向けて、必要な手続きを進めていくことと致しました」

 東北新社が4年前に認定を申請した際に外資比率が20%以上あり、放送法に違反した状態であったことが理由です。

 この申請は2017年1月に認定されていて、武田大臣はこの認定を「重大な瑕疵(かし)があった」と認め、認定を取り消す方針を明らかにしました。

 今月17日に事業を継承した子会社の東北新社メディアサービスに対して弁明を求める予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへに関しての画像や動画です。

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへの動画をどうぞ。

「東北新社」の衛星放送事業の認定取り消しへ

スポンサーリンク

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへのネットの声は?

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「外資規制違反は東北新社だけじゃない、どころか古参の地上波キー局ほぼ全てが違法状態だろう

「議決権は付与しないから違法ではない」なる弁解を聞くが、本当に違法じゃないのか?
正しい専門家に法的解釈を聞きたい

一般市民の感覚では、建前の議決権がなくても株式を所有していれば経営に対する影響力、発言力があっておかしくないと思えるのだが

それと、フジテレビと日テレは外資20%大幅超で、テレ朝はセーフ、というのも大いに疑わしい
表面的に外資でなくても中身は違うだろう?

とにかく放送利権はNHK含め全部やり直ししてもらいたい」という意見と
「それこそこう言うのが今まで見過ごされてきたのが、接待効果による行政側の優遇措置以外の何なの?と思ってしまう。当然見過ごしてきた官庁関係者を厳正に処罰すべき。
そもそももう官僚や政治家に自らを律する能力が無いのは明白なので、官僚や閣僚の接待も刑法によって処罰出来るよう法律を変えなければダメだろう。ま、やらんだろうけど。」という意見と
「過去に遡って取り消しなら、日テレとフジも剥奪ですか?。

外国人保有制限銘柄であるフジ・メディア・ホールディングス(4676)と日本テレビ放 送網(9404)が、外資規制比率(テレビ局は20%)を超えていることが判明。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「”瑕疵”というと、あたかも、そこに、人の意図が存在しないかのような印象を与えてしまいます。ではありません。
当該事案は、官房長官だったガースーおよび、総務大臣以下、当時の決裁権者である山田真貴子による、恣意的な、違法行為に過ぎません。
よって、”重大な瑕疵”ではなく、縦割り行政の中での、省庁を横断した、組織的かつ典型的な贈収賄に他なりません。
憲政史上、類を見ない、権力の私物化であり、国家反逆的な行為に他なりません。
これで、モリカケ問題が、一気に、進展します。」
「事業取り消しだけでなく、株式上場も取り消し、更に金融機関も融資を取りやめるべき。
要するにこんな超ブラック企業は潰れろということ!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへおわりに

今回は東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東北新社 衛星放送事業 認定取り消しへの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事