接種後 アナフィラキシーが話題沸騰!専門家は?★画像・動画★ネットの声は?

接種後 アナフィラキシーがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

接種後 アナフィラキシーの概要は?専門家は?

接種後 アナフィラキシーのニュースが次のように報道されています。

新型コロナウイルスのワクチンの接種後にアレルギー症状である「アナフィラキシー」が報告されていることについて、専門家は「ほとんどは軽い症状で現状は過度な心配は必要ない」と見解を示しました。

 新型コロナウイルスのワクチンの接種後にアレルギー症状である「アナフィラキシー」が報告されていることについて、専門家は「ほとんどは軽い症状で現状は過度な心配は必要ない」と見解を示しました。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・宮坂昌之招聘(しょうへい)教授:「(一般的に言われるのは)生命に関わるようなアナフィラキシーの頻度は100万回に1~5回以下。今回の日本の場合はほとんどがレベル1で軽いものだと思います」

 免疫学が専門の宮坂昌之名誉教授によりますと、アナフィラキシーとはアレルギーを引き起こす物質が体内に入った時に起きる防御反応で、症状の重さによって3段階に分けられています。

 国内では11日までにワクチンの接種後に女性24人と男性1人の合わせて25人がアナフィラキシーを発症していて、宮坂名誉教授はほとんどがワクチンに関連したものだと分析しています。

 症状はじんましんなどの皮膚症状のほか、せきやめまいなどが多く、アナフィラキシーのなかで最も軽い「レベル1」に該当すると見解を示しました。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・宮坂昌之招聘教授:「エピペン(薬)を投与することで症状は消えているとすると、アナフィラキシーがあることは頭に置いておかないといけないけど、これでワクチン接種が止まるようなことではない」

 欧米に比べて報告数が多いことや女性に多く見られることの原因については「分からない」としていますが、ワクチンに含まれる物質が原因となっている可能性もあると指摘しました。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・宮坂昌之招聘教授:「日本の方が若干多そうである。そのへんは間違いないと思いますけれども、海外よりひどいアナフィラキシーが起きているかというと、それはなさそう。女性の方が色んな免疫反応が強く起きる傾向にあることは、これまでも言われてます。女性(が多い)という点に関しては海外も日本も同じである。もし日本が軽いアナフィラキシー頻度が多いとすれば、それはこれから調べないと分からない」

 接種後は15分から30分の待機が求められます。

 アナフィラキシーは遅くとも1時間以内に症状が出るため、症状が出てすぐに医師の診察を受け、薬が投与されればより重い症状であるアナフィラキシーショックにはならないだろうということです。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・宮坂昌之招聘教授:「軽いアナフィラキシーは治療可能で、そこに医者がいてエピペン(薬)があればショック状態になることはまずないと思う」

 厚労省では13日に専門家らの審議会が開かれ、ワクチンとの因果関係などが話し合われます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

接種後 アナフィラキシーが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の接種後 アナフィラキシーに関しての画像や動画です。

接種後 アナフィラキシーの動画をどうぞ。

接種後のアナフィラキシー「ほとんどは軽い症状」

スポンサーリンク

接種後 アナフィラキシーのネットの声は?

接種後 アナフィラキシーのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この25人中の何人が、過去に何らかの注射や投薬でアレルギー症状が出た経験を持つのか、またその症状はどうだったのかも記事にしていただきたかったです。これにより、今後の接種者に対して、医師への事前相談の重要性を啓発できますし、同時に過度な心配を抑制することにもつながると思います。」という意見と
「アナフィラキシーを軽い症状と言ってしまえば、そもそも重症なアレルギー反応は何と呼ぶつもりなのでしょうか?強心昇圧剤であるエピペンを打たなくてはいけない状況なのに軽症と言えるのか?比較的若年の接種者でもこの状況です。この遺伝子ワクチンが高齢者投与になった場合、エピペン打てば済むという話に果たしてなるのでしょうか?巨大製薬会社の圧力、ワクチンを無駄にできない政府の思惑は想像できるがもっと慎重になるべき。若い将来のある、しかもコロナリスクがかなり低い医療従事者での先行人体実験はやめてもらいたい。中長期のリスクも全く不明です。日本人はビタミンDとC、亜鉛の過不足ない摂取、予防治療薬もイベルメクチンで十分だし、最も安全効果的。」という意見と
「少しでもアレルギー様の症状があれば隠さず公表する姿勢は、悪くはないと思います。しかし情報の発信手と受け手のイメージは必ずしも一致しないもので、軽度のアナフィラキシーでも一般人には死に至る病に聞こえるかもしれません。
アナフィラキシーと一概に言ってもレベルがあること、仮に発症してもアドレナリン筋注で全員が回復していることは、あわせて報道されるべきですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「「アナフィラキシーを発症した」ということだけを大々的に報道して
「それが問題なのかどうか」について同レベルに取り扱わないので
今やみんなが「不安」になってきてしまっている
中途半端な報道はやめて正しく伝えていただきたい」
「1型(即時型)アレルギーを全て「アナフィラキシー」と誤報してるんですね~
なるほど日本で多い理由が分かりましたよ
ちゃんと定義を調べてから報道してくださいね」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

接種後 アナフィラキシーおわりに

今回は接種後 アナフィラキシーに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の接種後 アナフィラキシーは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回接種後 アナフィラキシーについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

接種後 アナフィラキシーの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

接種後 アナフィラキシーの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事