国産ワクチン 技術確立へが話題沸騰!国内では?★画像・動画★ネットの声は?

国産ワクチン 技術確立へがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

国産ワクチン 技術確立への概要は?国内では?

国産ワクチン 技術確立へのニュースが次のように報道されています。

国内では、ファイザー社製のワクチンの接種がすでに始まっていて、今後、国産ワクチンの技術の確立を進める。

第一三共は、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンと同じ物質を使ったワクチンの臨床試験を、国内の製薬会社で初めて、3月中にも始めることがわかった。

第一三共によると、臨床試験は、20歳以上75歳未満の健康な男女152人が対象で、ファイザー社製のワクチンと同じ、「メッセンジャーRNA」と呼ばれる遺伝物質を使い、3月中にも実施する。

筋肉注射で2回接種し、安全性や免疫がつくかどうかを確認するとしている。

「メッセンジャーRNA」を使ったワクチンは、ファイザー社やモデルナ社が先行して実用化しているが、国内の製薬会社で採用するのは初めて。

国内では、ファイザー社製のワクチンの接種がすでに始まっていて、今後、国産ワクチンの技術の確立を進める。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

国産ワクチン 技術確立へが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の国産ワクチン 技術確立へに関しての画像や動画です。

国産ワクチン 技術確立への動画は以下から確認をお願いします。

ファイザーと同物質で国内初の臨床試験 国産ワクチン技術確立へ

スポンサーリンク

国産ワクチン 技術確立へのネットの声は?

国産ワクチン 技術確立へのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ワクチン開発の障壁となる厚労省。
経済大国かつノーベル賞受賞研究者も数多く有する日本で何故にこんなにワクチン開発が遅れているか、またその遅れを取り戻そうとしないのだろうか。
この点を解説する新聞・ニュース等マスコミ媒体が無いのも日本の闇ではなかろうか。」という意見と
「コロナワクチンは今年1年の話ではない。季節性インフルエンザワクチンは秋冬の1回だが、COVID-19は変異しながら通年居座るんだから、打つ人は半年毎の年2回順繰りに打つようになるかも知れない。今他国に遅れてることにこだわることはない。安全で有効なワクチンを国内で安定的に作れるようにしてほしい。」という意見と
「ワクチン開発もワクチン接種も今となっては厚労省が足を引っ張ってしまいここまで遅延してしまったという感じだね。厚労省に限らず、この国の行政機関に勤める人間は主に日本の大学を卒業した者が多いが、世界的に見てもレベルの低い日本の大学生、テスト勉強は得意でも、改革や新しい物を産み出す能力が乏しいので、固定概念を無くす事が出来ない頭の固い人間が多い。だから政治家がリーダーシップを発揮してこの国をリードして欲しいのだが、その政治家も手前の懐に銭を入れる事だけ気にしてる。成長できずに失われた日本の30年間、彼らは未だに危機感すら感じていない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「隣の国のすばしっこさは、今の時代制限された範囲で見習った方がよい。コロナワクチン開発は日本は欧米に完全に遅れを取った、だから国民への配布が遅れ、生命の安全確保や経済活動回復への悪影響など時間との勝負に負けている。政府は治験回数など法に則り慎重な態度を取っているが、隣の国で既にモルモットになってもらっているので、日本はその果実を遠慮なく頂けるチャンスが到来している。政府、厚労省は機敏、果敢な対応を納税者に見せてもらいたい。」
「日本は大きな薬害が幾度かあり審査もより慎重になっている。
国際ハーモナイゼーションもあり少し前よりは審査が早くなりましたけど。

まぁ安全性重視で慎重に審査をするのは良いものの、今回の一見では少し裏目に出ている気がしてならないですね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

国産ワクチン 技術確立へおわりに

今回は国産ワクチン 技術確立へに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国産ワクチン 技術確立へは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回国産ワクチン 技術確立へについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

国産ワクチン 技術確立への共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

国産ワクチン 技術確立への共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事