福島第一被ばく 健康被害考えにくいが話題沸騰!国連科学委員会は?★画像・動画★ネットの声は?

福島第一被ばく 健康被害考えにくいがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

福島第一被ばく 健康被害考えにくいの概要は?国連科学委員会は?

福島第一被ばく 健康被害考えにくいのニュースが次のように報道されています。

福島第一原発事故から10年になるのを前に、国連科学委員会は9日、被ばくを直接の原因とする「健康被害が発生することは考えにくい」などとする報告書を公表しました。

福島第一原発事故から10年になるのを前に、国連科学委員会は9日、被ばくを直接の原因とする「健康被害が発生することは考えにくい」などとする報告書を公表しました。

福島第一原発事故の放射線の健康への影響について、専門家による国連科学委員会は、2019年までに公表された観測データや世界中で発表された論文を分析し、日本人の食生活や行動を基にしたモデル計算を行ったということです。

その結果、「被ばくが直接の原因となるような将来的な健康への影響は見られそうにない」と結論づけました。

また、被ばくした子供たちのなかで、甲状腺がんと診断されるケースが大きく増えたことについては、検査の感度が高まったためで、原発事故とは直接関係がないと指摘しています。

その上で「子供を含む全ての年齢層で被ばくが関係した甲状腺がんの発生は見られそうにない」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

福島第一被ばく 健康被害考えにくいが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の福島第一被ばく 健康被害考えにくいに関しての画像や動画です。

福島第一被ばく 健康被害考えにくいの動画は以下から確認をお願いします。

福島第一被ばく「健康被害考えにくい」国連

スポンサーリンク

福島第一被ばく 健康被害考えにくいのネットの声は?

福島第一被ばく 健康被害考えにくいのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「第三者として国連の科学委員会がこういう結果を出すのは、今後の原発関連における国内、国外紛争に対して大きな影響を与えるのは間違いないだろう。

ただ国連の科学委員会が政府見解と同じ立ち位置であることから、大きな反発も予想され、諸問題の解決にはつながらないだろうね」という意見と
「私はボランティアしに福島へ行き一ヶ月滞在しました。一番強い数値でたイイダテ村ではウッカリ自動車で窓あけたまま走行。作業上、原発20k圏内も少し入りました。帰宅してから身体の異変は長年の便秘の解消。良い方向にいった人もいます。」という意見と
「だったら、デブリも簡単に処理できるな。デブリの処理は国連に任せましょう。

「被ばくした子供たちのなかで、甲状腺がんと診断されるケースが大きく増えたことについては、検査の感度が高まったためで、原発事故とは直接関係がないと指摘しています。」
あらあら、都合のいいこと。。だったら治療もしなくていいんじゃない?

ほんと東電も政府もくそですね。国連も軽々しく発言しすぎですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ネットでは関東も小田原あたりまではゴロゴロ死ぬと煽っていたけど、何もないよねぇ。」
「日本人は原爆を経験しています。
原発で作る電力を発生させるのは、ウラン?プルトニウム?
福島の原発が水素爆発を起こしたという事実がありますから、そういう結論に至る化学的根拠を示してください。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

福島第一被ばく 健康被害考えにくいおわりに

今回は福島第一被ばく 健康被害考えにくいに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の福島第一被ばく 健康被害考えにくいは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回福島第一被ばく 健康被害考えにくいについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

福島第一被ばく 健康被害考えにくいの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

福島第一被ばく 健康被害考えにくいの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事