アナフィラキシー 新たに9人が話題沸騰!国内では?★画像・動画★ネットの声は?

アナフィラキシー 新たに9人がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 新たに9人の概要は?国内では?

アナフィラキシー 新たに9人のニュースが次のように報道されています。

国内では、9日までに、10万7,500人余りが新型コロナワクチンを接種している。

厚生労働省は、新型コロナワクチンを接種した20代から50代の女性9人が、新たにアナフィラキシーを発症したと発表した。

厚労省によると、8日に新型コロナワクチンを接種した20代から50代の女性9人は、接種後に息苦しさやじんましん、かゆみなどの症状が見られ、いずれも投薬などで症状は改善したという。

報告した医師は、いずれもワクチン接種と関連があるとしているが、9人のうち8人はアレルギーや高血圧などの基礎疾患があるという。

アナフィラキシーとして報告されたのは、これまでにあわせて17人。

国内では、9日までに、10万7,500人余りが新型コロナワクチンを接種している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アナフィラキシー 新たに9人が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアナフィラキシー 新たに9人に関しての画像や動画です。

アナフィラキシー 新たに9人の動画は以下から確認をお願いします。

アナフィラキシー 新たに9人 ワクチン接種後...症状は改善

スポンサーリンク

アナフィラキシー 新たに9人のネットの声は?

アナフィラキシー 新たに9人のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「安全とされるファイザー製でこの数値。
安全性に劣ると言われるアストラゼネカ製では韓国で11人がなくなっています。
韓国の様にアストラゼネカ製でなくて本当に良かったと思いますが、元々新型コロナに耐性を持つ東アジア人には、トレードとしてワクチンに拒否反応が出てしまうのでしょうか、検証は少なくとも2年、3年以上先。」という意見と
「この率がこれからも続くとすれば、
 17/11万=1/6,470
つまり、6,470人に1人はアナフィラキシーを起こし、1日程度の入院/経過観察が必要になると言うことです。

これは結構高率で、1.3億人では2万人の入院が必要になるわけです。接種会場での"救急処置"も頻回となって、効率が悪くなるでしょうね。

本当にこの率で続くのか、これからも調査が必要になるでしょうね。」という意見と
「ダメだこりゃ
元々東アジア人には風邪程度なモノで+変異してどんどん弱毒化を繰り返しているのに、わざわざ本来不必要なワクチンを接種して、自分から命を危険にさらそうとしているなんて、本末転倒だよ

そんなに社会的な体裁を守るのが大事??」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「今回すべて女性という事は体重が影響してるのではないかと思います。

例えば欧米人で体重50㎏以下の成人は少ないですが日本人女性なら多数います。

同じ量のワクチンを接種した場合の副反応はやはり体重に影響される部分は大きく、同じ基礎疾患でも発症率は大きく違ってくるでしょう。

そういった部分の解析も実施した上でどういう影響が大きかったのか詳しい調査が待たれます。」
「今は医者が看護士に打って即対応できて回復していますがこれが一般にうち始めたときにスムーズに対応できるか不安ですね筋肉注射じゃないといけないのか?副作用が多過ぎますよね」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 新たに9人おわりに

今回はアナフィラキシー 新たに9人に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアナフィラキシー 新たに9人は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アナフィラキシー 新たに9人について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 新たに9人の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アナフィラキシー 新たに9人の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事