震災10年 処理水が話題沸騰!国の有識者会合は?★画像・動画★ネットの声は?

震災10年 処理水がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

震災10年 処理水の概要は?国の有識者会合は?

震災10年 処理水のニュースが次のように報道されています。

国の有識者会合は「希釈して海洋に放出するのが、より確実」と提言しましたが、国は方針を決めていません。東電は東電で、「国の結論待ち」という姿勢です。

 福島第一原発の事故から10年になります。汚染水を処理した「処理水」は増え続けていますが、国も東京電力も処分方法の決定を先送りにしています。

 溶け落ちた「燃料デブリ」に触れた汚染水は一日に約140トンずつ増えています。

 これを処理施設で浄化したのが「処理水」ですが、放射性物質の一つ「トリチウム」は取り切れず、タンクにためています。

 敷地内のタンクは約1000基。来年秋ごろにはタンクを置く場所がなくなると東電は説明しています。

 国の有識者会合は「希釈して海洋に放出するのが、より確実」と提言しましたが、国は方針を決めていません。東電は東電で、「国の結論待ち」という姿勢です。

 東電廃炉推進カンパニー・小野明代表:「今の時点では国の方針をしっかり待って、その後、それを具体化するのが我々の対応。国の方針が出た後は、今度は本当に関係する方と様々ご意見を伺いながら、こういう段取りで進めていきますというお話はしっかりさせて頂きたい」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

震災10年 処理水が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の震災10年 処理水に関しての画像や動画です。

震災10年 処理水の動画をどうぞ。

震災10年 増え続ける「処理水」解決は先送り?

スポンサーリンク

震災10年 処理水のネットの声は?

震災10年 処理水のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「経済成長の限界は資源の枯渇ではなく、廃物の捨場の枯渇で決まると思う

1975年にアメリカの経済学者ガルブレイスが指摘した通りになりました。
処理水に限らず、CO2もゴミだというなら同じですし廃プラの捨場もありません。
SF作家の星新一も「おーいでてこーい」で同じことを書いてます。」という意見と
「小泉大臣は自ら処理水を呑んで、健康に問題ないとパフォーマンスしましょう。
そして海洋放出にOK出せば国民から拍手喝采間違いない。
だって飲料水基準の1/6の残留量ですよ。」という意見と
「五輪後、そして総選挙後には海に排出するよ。害は無いんだから。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「日本のよりも遥かに濃度の高い処理水を海洋放出している国がありますが特に何の問題も起きてないので海洋放出で大丈夫ですよ」
「流せば良いでしょう
2015年にフランスは約10倍の量のトリチウム水を排出してるし、
中国も東海岸から大量の汚染水を排出しているんだから、反対しようがないでしょ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

震災10年 処理水おわりに

今回は震災10年 処理水に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の震災10年 処理水は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回震災10年 処理水について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

震災10年 処理水の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

震災10年 処理水の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事