追悼のアート 復興への伝言が話題沸騰!岩手県釜石市では?★画像・動画★ネットの声は?

追悼のアート 復興への伝言がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

追悼のアート 復興への伝言の概要は?岩手県釜石市では?

追悼のアート 復興への伝言のニュースが次のように報道されています。

岩手県釜石市では地元の高校生らがオンラインを活用して、当時の状況を知ってもらうための交流イベントを開きました。

 東日本大震災から11日で10年です。被災地では追悼式典の準備や復興に向けたイベントなどが行われています。

 宮城県東松島市では、11日の追悼イベントで披露されるサンドアート作りが大詰めを迎えています。

 制作しているのは、世界的なサンドアート作家の保坂俊彦さんです。

 サンドアート作家・保坂俊彦さん:「この場所は特別な場所ですし、遺族の方もたくさん訪れているので、少しでも心の癒やしになれば」

 福島県双葉町では、震災と原発事故から10年を迎えるにあたり、地元の人たちが、これまで支援してくれた人に感謝の気持ちを伝える展示会が開かれています。

 会場に展示されたメッセージには、避難先で親切な対応を受けた時のエピソードや、双葉町の未来への希望や願いなどがつづられています。

 双葉町復興支援員・木幡友紀恵さん:「10年という道のりを理解頂いて、今後の双葉町がどうなっていくか、どうしていくかを一緒に考えていきたい」

 岩手県釜石市では地元の高校生らがオンラインを活用して、当時の状況を知ってもらうための交流イベントを開きました。

 9日は北海道の高校とオンラインでつなぎ、復興の状況や防災への取り組みについての発表を行うなど交流を深めました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

追悼のアート 復興への伝言が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の追悼のアート 復興への伝言に関しての画像や動画です。

追悼のアート 復興への伝言の動画をどうぞ。

あす震災10年「追悼のアート」と「復興への伝言」

スポンサーリンク

追悼のアート 復興への伝言のネットの声は?

追悼のアート 復興への伝言のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「あれから10年ですかあっという間の10年ですねあの時病院で恐ろしく怖い揺れと音は未だに忘れる事はないでしょう、母もその後亡くなりましたけど大部様変わりはしたがどんな時何処に居ても地震は有るけど恐ろしい地震又コロナにも振り回されてる毎日今回も大きい地震が有り心休まる事はないでしょう相馬市の皆さんもさぞ大変だったと思ってます住む場所は違うけど頑張って前に進みましょうよ。」という意見と
「宮城に住んでたら「震災から10年」なんて絶対思わないけどな。昨日もでかい地震あったし。原発問題だって常にあるし、大地震も常にある。 311経験して無かったり、現地に住んでない人は「震災から10年」って感じなんだろうが。現地に住んでたら「あれから10年」とかって振り返ろうとは思わん。大地震も原発も過去の出来事じゃなくて、両方常に鮮度の高い出来事だからな。」という意見と
「大津波~原発過酷事故から十年後にパンデミック。
こんなものを経験するなんて思わなかった。そしてテレビ局・テレビ局員は国の手先でしかなかった。まともなジャーナリズムなんて日本には存在しないと理解した十年間だった。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「公共交通機関を充実させないと人が増えない」
「明日が10周年か。オレの住んでる千葉県北西部も、ものすごく揺れたな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

追悼のアート 復興への伝言おわりに

今回は追悼のアート 復興への伝言に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の追悼のアート 復興への伝言は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回追悼のアート 復興への伝言について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

追悼のアート 復興への伝言の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

追悼のアート 復興への伝言の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事