東京 感染 リバウンドの種火をが話題沸騰!都内の感染者は?★画像・動画★ネットの声は?

東京 感染 リバウンドの種火をがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東京 感染 リバウンドの種火をの概要は?都内の感染者は?

東京 感染 リバウンドの種火をのニュースが次のように報道されています。

都内の感染者は11万3571人で、死者は1479人となりました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されている東京都内で、新たに116人の感染が確認されました。また、60代から90代までの17人の死亡も確認されました。

東京都内の新たな感染者は10歳未満から80代までの116人で、直近7日間の感染者数の平均は253.4人となり、先週月曜日(1日)の269.3人から減少はしていますが、前週比は94.1%と、下げ止まりが続いています。

感染経路別では、家庭内が28人で最も多く、次いで施設内が15人いました。都の担当者は、「感染者の減少幅はかなり小さくなっている。陽性率も3.2%や3.3%で、下がらなくなっている。家庭内や施設内感染などリバウンドの種火があるので、種火を消すための対応が重要だ」と話しています。

一方、新たに60代から90代までの男女17人の死亡が確認されました。このうち13人は、同じ病院に入院していて、院内感染によって新型コロナに罹患していました。

都内の感染者は11万3571人で、死者は1479人となりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東京 感染 リバウンドの種火をが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東京 感染 リバウンドの種火をに関しての画像や動画です。

東京 感染 リバウンドの種火をの動画は以下から確認をお願いします。

東京116人感染「リバウンドの種火を…」

スポンサーリンク

東京 感染 リバウンドの種火をのネットの声は?

東京 感染 リバウンドの種火をのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「感染者数の減少を伝え、人々が油断して再び増加傾向になってしまわない様に少し悲観的な情報はいいと思うのですが、あまりにも煽るのが目的という報道が多いと感じる
データを多角的な評価をしてもらいたい
報道機関も、もうすこし信頼されるよう努力してもらいたい いまのままでは国民には、報道を鵜呑みににしてはいけない とするのが常識になってしまいます」という意見と
「欧米でこの程度の数値なら集団免疫獲得とか感染終息と言うぐらいの数でしょうね。
いつまで煽り続ければ気が済むのか。陽性者が減ったら減ったで減少率が鈍化とか何かしら騒ぐよね。
もしかして感染が終息したら困る人でもメディアにいるのかな。」という意見と
「リバウンドの可能性。

可能性の話されたら、何でも言える。
どんな可能性も、あるんだから。

とりあえずは、延長自体がルール違反だし、それを2度もしている。もう許されない。
宣言解除まで、休みにしてる事業者もいるのに、簡単に延長って言われてもスケジュールが狂うだけ。

まずは、3/21で解除する事。
それから、宣言意味あったか?を含めて、精査すべき。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「簡単にリバウンドなどという、非科学的な言葉を使わないでほしい。

無理矢理押さえつけていた成果は部分的であり、春になって自然に感染者が減った部分の方が優勢と思います。

これは、この一年の発症者ベースの推移を冷静に見直せば推定できます。普通に冬に流行する流行性感冒と同じです。」
「都庁の対応はおかしい。常識を逸している。110人台だったらもう十分に減っている。ゼロに成るまでするのか。それより経済の悪化、失業者の増大、パートやアルバイトの失職や、収入源に拠る大学生活が退学を余儀なくされた人が5900人など、宣言の延長による市民生活の困窮の方がよほど大きい。都庁職員も都知事も公務員だから経済など他人事のように見ている。辞職するべきだ。無能だ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東京 感染 リバウンドの種火をおわりに

今回は東京 感染 リバウンドの種火をに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東京 感染 リバウンドの種火をは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東京 感染 リバウンドの種火をについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東京 感染 リバウンドの種火をの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東京 感染 リバウンドの種火をの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事