国内 アナフィラキシーが話題沸騰!アナフィラキシーというのは?★画像・動画★ネットの声は?

国内 アナフィラキシーがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

国内 アナフィラキシーの概要は?アナフィラキシーというのは?

国内 アナフィラキシーのニュースが次のように報道されています。

アナフィラキシーというのは薬や食物が体に入ってから全身に急激に起きる、非常に速いスピードで起きるアレルギー反応のことです。

 国内で新型コロナウイルスのワクチン接種後の副反応の疑いがある「アナフィラキシー」を発症したという報告が週末に相次ぎました。

 アナフィラキシーというのは薬や食物が体に入ってから全身に急激に起きる、非常に速いスピードで起きるアレルギー反応のことです。重篤な場合にはアナフィラキシーショックという症状で死に至るケースもあります。

 国内で起きた3つの例を見ていきます。

 5日に接種した30代女性。症状としては接種5分以内にせき、その後に呼吸が速くなり、まぶたの腫れや全身のかゆみなどがあったということです。この人は投薬後、その日のうちにこの症状は改善したということです。元々は基礎疾患として喘息(ぜんそく)を持っていたということです。

 2例目は20代女性で、同じく5日に接種しました。接種の約25分後にじんましん。その後にせきや発熱、血圧の低下、息苦しいなどの症状が出ました。この人も投薬後、症状は改善したということです。基礎疾患があったかなどは不明だということです。

 3例目は30代の女性で、接種したのは7日です。接種の約5分後にせき、息苦しい、喉の違和感などの症状を覚えます。投薬後に症状は改善したということなのですが、経過観察のために入院したということです。元々は食べ物や動物及び殺虫剤によるアナフィラキシーの既往があったということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

国内 アナフィラキシーが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の国内 アナフィラキシーに関しての画像や動画です。

国内 アナフィラキシーの動画をどうぞ。

国内で3人が接種後にアナフィラキシー その症状は

スポンサーリンク

国内 アナフィラキシーのネットの声は?

国内 アナフィラキシーのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「打ってもらえるならば、打ちたい。
けど副反応が怖い。
でも打たずに罹患した時の重篤化が心配だから、打つ方が良いのだろう。
けど、けど、副反応が怖い。

という現状に、恐怖や躊躇いを生むニュースではありますね。
だからといって隠ぺいされては困る。

ほんとに、イヤなヤツが猛威をふるっている。」という意見と
「1例目は、喘息と甲状腺機能低下症と副甲状腺機能低下症と厚労省の発表に書いてますよ。
副甲状腺機能低下症も指定難病らしいしね。

なぜ、喘息だけ?
喘息は、アレルギー反応の結果の症状であって。
弱い部分に出るだけですよ。
他の症状が出る人もいるよ。
なんか、喘息とアナフィラキシーを無理やりくっつけてないですかね。」という意見と
「コロナだけじゃなく、インフルエンザワクチンだって副作用反応が出る人がいます。
昨年、会社の上司がインフルエンザワクチン接種後、熱を発症し、ブツブツも出来たと言ってました。

別にコロナワクチンに限った話ではないので、皆さん勘違いしない様に。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「インフルエンザの予防接種だって、接種前に、既往症の問診があり、接種後の観察時間がありましたよ。コロナのワクチンだから危険なのではありません。正しく向き合い、利用できるチャンスはちゃんとつかみましょう。思い当たる人はボンヤリせずにちゃんと伝え、風評被害というマスコミの餌をばらまかないようにしましょう。」
「医療従事者ですが、ワクチン接種したくないです。。。もちろん病院ではコロナ受け入れてます。免疫系の疾患もあり嫌ですが、全員摂取します。感染委員会がうるさいのです。恐ろしいので誰も断ることをしません。打ちたくない、打ちたくない。。。。。。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

国内 アナフィラキシーおわりに

今回は国内 アナフィラキシーに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国内 アナフィラキシーは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回国内 アナフィラキシーについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

国内 アナフィラキシーの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

国内 アナフィラキシーの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事