アナフィラキシー 2例目報告が話題沸騰!厚労省によると?★画像・動画★ネットの声は?

アナフィラキシー 2例目報告がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 2例目報告の概要は?厚労省によると?

アナフィラキシー 2例目報告のニュースが次のように報道されています。

厚労省によると、5日にワクチンを接種した20代の女性が、およそ25分後にじんましんを発症。

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンを接種した20代の女性に、じんましんや血圧低下、息苦しさなどの症状が見られ、国内2例目のアナフィラキシーの報告があったと発表した。

厚労省によると、5日にワクチンを接種した20代の女性が、およそ25分後にじんましんを発症。
その後、女性にせきや発熱、血圧の低下や息苦しさの症状が見られ、アナフィラキシーとして報告された。

女性は、投薬したあと症状が改善し、基礎疾患の有無はわかっていないという。

国内でアナフィラキシーとして報告されたのは、2例目になる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アナフィラキシー 2例目報告が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアナフィラキシー 2例目報告に関しての画像や動画です。

アナフィラキシー 2例目報告の動画は以下から確認をお願いします。

アナフィラキシー2例目報告 接種後にじんましんや血圧低下

スポンサーリンク

アナフィラキシー 2例目報告のネットの声は?

アナフィラキシー 2例目報告のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「アナフィラキシーは命に関わるので、コロナワクチン接種後、何分で症状が出たかを把握するのはとても大事です。
医療従事者が、今まで接種後15分以上待機していたとしたら、もっと観察時間を増やさないと危ないということですね。」という意見と
「mRNAワクチンもウィルスベクターワクチンも技術革新によって短期間でワクチンが開発できるようなった宝だ。勿論安全性の評価は足りないがゆっくり状況を見てアナフィラキシー2例とか言える日本はまだラッキーでは。本当に凶暴な日本型ウイルスが出て来たら日本は壊滅してしまう。国内で迅速に開発できる会社は無く、厚労省は海外頼みなんだから。抜本的に、早急に体制を見直すべきとメディアはそこを言うべきでは。」という意見と
「インフルエンザの予防接種だと接種したらすぐに帰らさせる。
コロナの予防接種だと何かあった時そこですぐに処置をしてもらえるのか。心配な点がある。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「接種数の少なさを考慮すると、すでに2例というのは多すぎる印象。
運が悪かっただけなんだろうか?」
「接種後15分から20分様子見と以前ニュースで見たけど、30分以上と考えた方が良さそうね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 2例目報告おわりに

今回はアナフィラキシー 2例目報告に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアナフィラキシー 2例目報告は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アナフィラキシー 2例目報告について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アナフィラキシー 2例目報告の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アナフィラキシー 2例目報告の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事