小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いが話題沸騰!関係者によりますと?★画像・動画★ネットの声は?

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いの概要は?関係者によりますと?

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いのニュースが次のように報道されています。

関係者によりますと、7日午後、都庁で小池知事は政府の新型コロナ分科会の尾身会長らと面会しました。

 東京都が7日に確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は237人でした。小池知事は感染対策について政府分科会の尾身会長と面会しました。

 感染が確認されたのは10歳未満から90代の237人で、直近7日間の一日あたりの平均は254人です。

 都は感染を抑えるために7日間平均の感染者を「前の週の7割以下」に減らすことを目安としていますが、7日は91.6%でした。

 年代別に見ると20代が最も多い44人、次いで40代と50代が40人で、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は49人でした。

 重症の患者は前の日から1人増えて52人となりました。

 また関係者によりますと、7日午後、都庁で小池知事は政府の新型コロナ分科会の尾身会長らと面会しました。

 都の感染対策について具体的な話し合いが行われたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いに関しての画像や動画です。

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いの動画をどうぞ。

小池知事 尾身会長と東京の感染対策で話し合い

スポンサーリンク

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いのネットの声は?

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「重症者50人程度で医療逼迫という。
医療供給の整備は自治体が担うべき。
コロナ禍は1年を越えるが、その間、一都三県の首長は
その責任を全うせず、政府に緊急事態宣言の再延長を申し入れ、
世論に萎縮して根拠のない再延長を決定とはどうかしている。」という意見と
「小池都知事は菅首相の記者会見時に尾身会長が暗に小池都知事の時短要請にしても政府の指示にしても言うことを聴かないことを批判していたことから小池にすれば神奈川県が都知事とのうら幕を暴露したこともあって雲行きが悪くなってきたことでいかにも積極的に対応しているとポーズを取ったんだろう。本当にタヌキだ。」という意見と
「尾身会長は誰しも解る当たり前の事を言ってるだけで、参考になりません。
このままだと感染者が減らないとか、今年中まで終息しないとか、、、
医療の会長だったら、終息させる為の医療を見いだして頂きたいです。
だいたい、なぜ東京の重症者が50人で破綻するのか?
日本でコロナワクチン作れないのか?
日本て技量も能力もなかった事に落胆してます。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「メディアは、またまた小池知事の「対策やってます感」を演出ですか?
都庁記者クラブの皆さんは、なぜ今日のぶら下がりで「黒岩知事が小池知事に騙されたと抗議していますが小池知事が森田知事と黒岩知事を騙したのは本当なのですか?本当であれば一都三県の信頼関係を損なうことになると思いますが」などと追及しないのでしょうか。
もし今回の小池知事の騙し戦術を菅総理がやっていたら、菅総理のぶら下がりでは追及質問が殺到したと思うのですが。」
「東京都は医療体制が整うまでの時間稼ぎとして非常事態宣言を行ないましたが、1年以上経つのに未だに50人程度の重症者が出ただけで逼迫してしまうのはどういうわけでしょう?そしてコロナ患者を受け入れない大多数の病院の医師会代表が、何かというと会見を開いて無理なレベルのことを国民に要求する。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いおわりに

今回は小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

小池知事 尾身会長 感染対策で話し合いの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事