ニューヨーク株式市場 反発が話題沸騰!ダウ工業株30種平均は?★画像・動画★ネットの声は?

ニューヨーク株式市場 反発がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ニューヨーク株式市場 反発の概要は?ダウ工業株30種平均は?

ニューヨーク株式市場 反発のニュースが次のように報道されています。

結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より572ドル16セント高い、3万1,496ドル30セントで取引を終えた。

週末5日のニューヨーク株式市場は、4日ぶりに反発して取引を終えた。

5日は、アメリカの雇用情勢の改善による、景気回復への期待感が相場を支えた。

アメリカの長期金利の指標となる10年債利回りが一時、1.6%台に上昇し、警戒感から下げに転じる場面もあった。

結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より572ドル16セント高い、3万1,496ドル30セントで取引を終えた。

また、ハイテク株主体のナスダック総合指数も、196.68ポイント上げて、1万2,920.15と反発した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ニューヨーク株式市場 反発が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のニューヨーク株式市場 反発に関しての画像や動画です。

ニューヨーク株式市場 反発の動画は以下から確認をお願いします。

5日NY株式市場 反発して取引を終了 3万1496ドル30セント

スポンサーリンク

ニューヨーク株式市場 反発のネットの声は?

ニューヨーク株式市場 反発のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「雇用統計がいいということは、アフターコロナにはプラスで、グロースには金利上昇からマイナスに見える。指数の動きは別にして、個別で選別すればよい。」という意見と
「なぜバイデン政権はパウエルの罷免を言わないのかな?
過去の言動で繰り返しマーケットをクラッシュさせてきているのに。
任命したトランプですら罷免させようとしていたくらい議長の資質が疑わしいレベル。」という意見と
「ストップ高をつけた株が2日で下落。こんな相場に引きずられる事無く、本来の配当利回りと、業績で買えば大儲け無くても、確実に利益は取れる。高い利回りなのに、安い株は沢山ある。日本の4%利回りの金融株は世界でもかなり安い。値上がりばかり気にしてると、損失も大きいし、下がった時は慌てて、また損をする、この繰り返し。個人がマネーゲームに参加してる現状では、乱高下は永遠に続く。巨大ファンドの思う壺。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「月曜日は大幅に上げる予想はできるけど、金曜日ある程度戻してるから当日売買に限る。
先週はず~っとこればかり。
今週もこんな調子でしょ。」
「四日ぶりか次は四日ぶりに暴落か上げたり下げたり最終的にはどうなるのか?上昇トレンド?下降トレンド? 先は分かりませんね」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ニューヨーク株式市場 反発おわりに

今回はニューヨーク株式市場 反発に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のニューヨーク株式市場 反発は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ニューヨーク株式市場 反発について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ニューヨーク株式市場 反発の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ニューヨーク株式市場 反発の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事