NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席が話題沸騰!谷脇氏は?★画像・動画★ネットの声は?

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席の概要は?谷脇氏は?

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席のニュースが次のように報道されています。

谷脇氏は「全体額を認識しておらず、参加費として応分の負担をした」と説明しました。

総務省幹部がNTTの社長らと会食した問題で、山田前内閣広報官が同席していたことが分かりました。

巻口国際戦略局長は、会食の際、山田氏が同席していたと明らかにしました。また、谷脇総務審議官は、去年7月にNTTと会食した際、5000円を支払ったと述べました。

国家公務員倫理法では、利害関係者との会食の際に支払った金額が不十分で、差額分を相手が負担した場合は違法となります。

谷脇氏は「全体額を認識しておらず、参加費として応分の負担をした」と説明しました。

一方、菅総理大臣の長男が勤務する「東北新社」について武田総務大臣は、放送法の外資規制に違反していたと明らかにしました。

衛星放送の事業認定を受けるには、議決権の外資比率が20%未満と放送法で定められていますが、東北新社は4年前に認定を受けた2か月後に20%を超えていたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のNTT社長ら 会食 山田前広報官 同席に関しての画像や動画です。

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席の動画は以下から確認をお願いします。

NTT社長らとの会食 山田前広報官が同席

スポンサーリンク

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席のネットの声は?

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「山田さんは2週間の入院・加療という診断だから、3月下旬には、再度国会の参議院予算委員会に来てもらって、この件について話を聞くべきだと思います。

総務省を巡る利権の闇が少しずつ明らかになってきました。菅さんの金脈がここらあたりにありそうです。

かつて評論家の立花隆さんが「田中角栄研究―その人脈と金脈」という本を書いて、田中角栄首相を辞任に追い込みました。立花さんのような気骨ある評論家の出現を期待します。」という意見と
「倫理規定違反の利害関係者との度重なるそして、多くの省庁幹部官僚の過剰接待!
まさに、行政が歪められないはずがない。
かつて、大蔵省官僚のしゃぶしゃぶ接待事件で、検察は起訴、立件し、有罪となった。

総務省、農林省の異常な接待が、日常茶飯事の様に横行したにも、かかわらず、省内での、実に、軽微な処分で終わった。
こんな事で、この腐敗政治の重大事件を終わらせては、絶対にいけない!

是非、検察による、この奥深い、闇を
徹底捜査して頂きたい。もちろん、色々な観点から元総務副大臣、元総務大臣のスガが、大きく関与している可能性も高い!
検察は、この大事件を腹を括って、捜査、実行に、移して頂き、日本の政権腐敗の究明を強く望むところだ!」という意見と
「総務省が実はガタガタの集団で、使い物にならないくせに税金で生活する集団なのか?
そこを見極めるためにも、総務省を一度解体させて税金を投入しない組織として出直しをさせるか、総務省所管のNHKを解体するかを総務省自体に、どちらが良いかを2者択一させれば良い。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「参議院は世耕がNTT社長を国会招致すると言っている
が、一緒に会食した山田前広報官も一緒に国会招致しないと
おかしいだろう。」
「総務省は、菅総理がじっくりと時間を掛けて育てたハイエナ官僚の巣窟ですね。

利権をぶら下げて、たかり放題。
ここまできたら、贈収賄罪として司法が動かないと。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席おわりに

今回はNTT社長ら 会食 山田前広報官 同席に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のNTT社長ら 会食 山田前広報官 同席は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

NTT社長ら 会食 山田前広報官 同席の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事