勤務外在庁 月平均124時間が話題沸騰!答弁書は?★画像・動画★ネットの声は?

勤務外在庁 月平均124時間がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

勤務外在庁 月平均124時間の概要は?答弁書は?

勤務外在庁 月平均124時間のニュースが次のように報道されています。

答弁書は、無所属の安達澄参院議員が提出した質問主意書に答えたものです。

西村経済再生担当相のもと、新型コロナウイルスの対応にあたっている職員の勤務状況について、政府は5日の閣議で正規の勤務時間以外に在庁した時間が、今年1月の平均で124時間だったとする答弁書を決定しました。

答弁書は、無所属の安達澄参院議員が提出した質問主意書に答えたものです。一般に、月80時間の残業が「過労死ライン」とされていますが、答弁書によると、新型コロナウイルス感染症対策推進室の職員が正規の勤務時間以外に在庁していた時間は、今年1月の平均で、およそ124時間。最も長い職員はおよそ391時間でした。

また、政府は感染拡大防止のため、テレワークの実施を呼びかけていますが、推進室でテレワークをした職員はいなかったということです。行政改革を担当する河野氏は次のように述べました。

河野行革担当相「月で?相当ひどいですよね。黒を通り越してるなっていう感じです」

河野行革担当相はさらに「関係部署にしっかり対応してもらわないといけない」と述べました。

答弁書では、職員の超過労働の理由について、新型コロナウイルスへの対応のほか、西村経済再生担当相の所管が多岐にわたることをあげていて、「職員の健康に十分配慮し、新型コロナ対応などの業務に全力を尽くす」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

勤務外在庁 月平均124時間が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の勤務外在庁 月平均124時間に関しての画像や動画です。

勤務外在庁 月平均124時間の動画は以下から確認をお願いします。

コロナ対応 勤務外在庁が月平均124時間

スポンサーリンク

勤務外在庁 月平均124時間のネットの声は?

勤務外在庁 月平均124時間のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「西村大臣はどれほどの勤務時間なのだろう? 医師や看護師、PCR検査技師など、皆のことが心配です。身体に気をつけて欲しい。」という意見と
「残業代に見合う成果はあったの。ただ大臣の質問に答えるだけの待機なの。意外と他人というか国民はそこまでは期待していない.NHKのちこちゃんに叱られるで年中働き方改革で再放送やちこちゃんと岡村の対談でお茶を濁しているが特に支障はない。大臣もぼっとしてんじゃねえよ。」という意見と
「>コロナ対応 勤務外在庁が月平均124時間

週刊誌が取り上げなきゃ議員サンはコロナ禍でも会食・クラブ三昧だったわけで、日本の国会議員が如何にヌルいかがよくわかる記事ですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「1日12時間31日残業しても391時間も仕事できないよ、どんな計算?通常勤務時間を含めなかったらこの人、いつ寝ているの?」
「勤務時間以外に在庁ってどういう意味?

仕事していないがそこにいた時間、泊まって寝ていた時間とかってこと?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

勤務外在庁 月平均124時間おわりに

今回は勤務外在庁 月平均124時間に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の勤務外在庁 月平均124時間は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回勤務外在庁 月平均124時間について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

勤務外在庁 月平均124時間の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

勤務外在庁 月平均124時間の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事