コロナ対応官僚 残業378時間が話題沸騰!答弁書によると?★画像・動画★ネットの声は?

コロナ対応官僚 残業378時間がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

コロナ対応官僚 残業378時間の概要は?答弁書によると?

コロナ対応官僚 残業378時間のニュースが次のように報道されています。

政府が、5日に決定した答弁書によると、内閣官房でコロナ対策を担う「コロナ室」における一般職の1月の平均残業時間は、およそ122時間で、最も長く残業した職員は、378時間だった。

最大で378時間の残業。

新型コロナウイルスの対応にあたる官僚の「過労死ライン」を大幅に超える勤務が明らかになった。

政府が、5日に決定した答弁書によると、内閣官房でコロナ対策を担う「コロナ室」における一般職の1月の平均残業時間は、およそ122時間で、最も長く残業した職員は、378時間だった。

いずれも「過労死ライン」の月80時間を大きく超えている。

また、政府がテレワークを呼びかける中、1月までの3カ月間に、「コロナ室」で平日にテレワークをした職員はゼロだった。

「緊急的な対応を求められることもある」のが理由とされ、政府は「可能なかぎり休息が確保されるよう対応している」と説明している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

コロナ対応官僚 残業378時間が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のコロナ対応官僚 残業378時間に関しての画像や動画です。

コロナ対応官僚 残業378時間の動画は以下から確認をお願いします。

コロナ対応官僚 残業378時間 職員平均でも100時間超

スポンサーリンク

コロナ対応官僚 残業378時間のネットの声は?

コロナ対応官僚 残業378時間のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「前線で対応した医者に対しては、お涙頂戴の番組をだし、感謝しましょうと言うが、官僚に対しては、批判的。
日本のマスコミの不公平なこと。」という意見と
「残業378時間は計算が合わない。
休みが1日も無くても1日の労働時間が20時間。
ホントなら大問題。どころの話じゃない。

そんな状態で最前線でまともな仕事できるわけない。

ホントじゃないなら、公務員の仕事時間の管理方法がどうなっているのか問題。

どちらにしても、問題だ。

最前線が大変すぎるという薄い感想ではなく、きちんと実態を報道して欲しい。」という意見と
「結局無理な人員削減と政治家の支配によって官僚の力量が落ちているのだろう。
優秀な人ほど早くやめる体質を変えないとますます人手不足になる。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「110時間ほど残業したことはある。毎日8時くらいから0時くらいまで働いて、月1〜2日の休み、でこれくらいだったと思う。これの3倍強となると31日フルで家には帰らず、睡眠は2、3時間、飯も一日一食のみ15分程度、トイレも1、2回。こんなことが可能なのだろうか?」
「378時間は残業なので、これ以外に、所定労働時間が、160時間近くある。合計540時間働いた訳で、土日も正月も無しで、1日18時間。通勤時間を含まずに。何かあったら、大臣のクビで済む話では無い。官房機密費でも何でも使って、バイトでも業務委託でもやるのがトップの仕事だろう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

コロナ対応官僚 残業378時間おわりに

今回はコロナ対応官僚 残業378時間に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナ対応官僚 残業378時間は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回コロナ対応官僚 残業378時間について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コロナ対応官僚 残業378時間の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

コロナ対応官僚 残業378時間の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事