残業378時間 批判が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

残業378時間 批判がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

残業378時間 批判の概要は?政府は?

残業378時間 批判のニュースが次のように報道されています。

政府は「職務の性質上、緊急的な対応を求められることがあった」としています。

 1カ月の残業時間が378時間に上る職員がいたことが明らかになりました。

 国家公務員制度担当・河野大臣:「それ月で(300時間超え)?相当ひどいですよね。もう黒を通り越してるなっていう感じですね」「(Q.どう対応する?)関係部署にしっかり対応してもらわんといかんと思います」

 槍玉に上がったのは、西村大臣の元にある新型コロナ対策推進室です。

 今年1月の平均が約122時間、最も長い職員は約378時間で「過労死ライン」の月80時間をはるかに超えていました。

 政府は「職務の性質上、緊急的な対応を求められることがあった」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

残業378時間 批判が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の残業378時間 批判に関しての画像や動画です。

残業378時間 批判の動画をどうぞ。

河野大臣「黒を通り越してる」 残業378時間で批判

スポンサーリンク

残業378時間 批判のネットの声は?

残業378時間 批判のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「一か月で378時間の残業って、ずっと出社して家に帰っていないってことですよね。緊急対応が必要な状態だったことはわかりますが、度が過ぎていると思います。」という意見と
「西村大臣は、前は秘書が半年ほど休みを取れていないような報道がありました。
その時は大臣も休み無しだしこの国難にあってある程度は仕方ないかもしれないような論調でしたが…
大臣は、基本的に働きすぎ(働かせすぎ)ということについての意識が希薄なんではないでしょうか。
これだけの業務量があるなら、上司として人員の補充や業務の見直し等、何か手を打たないといけないでしょう。」という意見と
「にわかには信じがたい数字だな。
31日×24時間で744時間だよ。
通常勤務が8時間×20日で160時間
差し引きすると584時間。
睡眠時間が6時間として186時間。
残るのは398時間か、うち378時間が残業ってことは、省庁に寝泊まりして家にも帰ってない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「菅も河野も緊急事態でも近くにある赤坂の議員宿舎でも対応できるから宿舎内で食事しながら対策会議
官僚は緊急事態に対応するために帰宅もできず庁舎内で残業

そりゃ若い官僚の離職者増えますわ」
「1ヶ月(30日)で720時間。労働時間を8時間×22日だと176時間。それに378時間を足すと554時間。1ヶ月のうち76.9%が労働とか常軌を逸している。睡眠時間も足りない。

これを是としている大臣は即刻辞めていただきたい。これでは健康にも悪いのはもちろん、いい仕事もできるはずがない。働き方改革とか言っている内閣の中でこれでは全くお話にならない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

残業378時間 批判おわりに

今回は残業378時間 批判に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の残業378時間 批判は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回残業378時間 批判について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

残業378時間 批判の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

残業378時間 批判の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事