東京都 行動活発 感染増加が話題沸騰!東京都内の新たな感染者は?★画像・動画★ネットの声は?

東京都 行動活発 感染増加がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東京都 行動活発 感染増加の概要は?東京都内の新たな感染者は?

東京都 行動活発 感染増加のニュースが次のように報道されています。

東京都内の新たな感染者は、10歳未満から90代までの279人で、感染経路別では、家庭内感染が74人と最も多く、次いで施設内が42人でした。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されている東京都内で、新たに279人の感染が確認されました。また、新たに23人の死亡も確認されました。

東京都内の新たな感染者は、10歳未満から90代までの279人で、感染経路別では、家庭内感染が74人と最も多く、次いで施設内が42人でした。

都内のホストクラブでは、同じ店で働くホスト8人が集団感染したほか、20代の女子大学生は、友人十数人で旅行に行った際に感染し、このグループでは半数以上が感染したということです。

都内の直近7日間の感染者数の平均は269.1人で、前の週の96.2%にとどまり、減少スピードが鈍化していて、都の担当者は「若い人などの行動が活発になり、感染者が増え始めたと思われる。感染防止の意識をもって行動してほしい」と呼びかけています。

一方、新たに50代から90代の男女23人の死亡が確認され、うち5人は同じ医療機関での院内感染でした。都内の感染者は11万2624人で、死者は1442人となりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東京都 行動活発 感染増加が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東京都 行動活発 感染増加に関しての画像や動画です。

東京都 行動活発 感染増加の動画は以下から確認をお願いします。

都“若い人など行動活発になり感染増加に”

スポンサーリンク

東京都 行動活発 感染増加のネットの声は?

東京都 行動活発 感染増加のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「国民の自粛に頼るだけでは、これが限界だと思います。
1年間以上、時間稼ぎをしてきたのだから、
この程度の感染者数で緊急事態宣言を解除出来ないとは・・・。
都県の対策の遅れが問題だと思います。」という意見と
「いやいや、自分の周りのアルバイトの学生の子も卒業旅行やめたりとか本当は友達と遊びたいけど、自然とやめとこうってなって遊んでないとか沢山いますよ。
でも若い人は遊びとか関係なく、行動が活発になるものでしょ?
一定の年齢層の人の責任を問うのは違うと思う。
こんなこと言うなら毎日仕事としてる人も同じです。
若い人で遊んでる人がいるように、仕事してる人も飲みに行ったりしています。
どこの年代が…とかそういうことではない。
どの年代の人も協力してる人もいれば、してない人もいる。それだけです。」という意見と
「コロナ感染拡大に年齢関係ないでしょ。
これまで居酒屋に行ってた人で、国や県の自粛呼びかけを真面目に受け止めて我慢している人がいる一方で、「そんなの関係ない」と言って飲みに行っている人がいるのが現実。メディアも本当は、充分把握しているのに声を大にして報道しない。
意外とメディア関係の人、飲みに行っている人、多いんではないかと勘ぐってしまう❣
そのような人の対策を。国や県の施策でどうにかしないと、いつまでたっても、コロナ感染はおさまらないと思う。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「感染者増加が若者の責任なら、病床の逼迫は高齢者の責任ってことになるよね。ある一定の年齢層に責任を押し付けても何も解決にならないことをメディアは気づいた方がいい。」
「呼びかけの個々の意思だけでよくここまで自粛をみんなしてると思います。この状態が続くだけでは今後もっと活発になっちゃいますよ。
同じ曜日の比較だけの数字だけ見ればまだ増加に転じてないような気がするけど、何か公開されていない数字があるのだろうか?って疑ってしまう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東京都 行動活発 感染増加おわりに

今回は東京都 行動活発 感染増加に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東京都 行動活発 感染増加は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東京都 行動活発 感染増加について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東京都 行動活発 感染増加の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東京都 行動活発 感染増加の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事