米政権発足後初 閣僚訪日 調整が話題沸騰!実現すれば?★画像・動画★ネットの声は?

米政権発足後初 閣僚訪日 調整がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

米政権発足後初 閣僚訪日 調整の概要は?実現すれば?

米政権発足後初 閣僚訪日 調整のニュースが次のように報道されています。

実現すれば、バイデン政権の発足後初めてとなる閣僚の日本訪問となります。

アメリカのブリンケン国務長官と、オースティン国防長官が今月15日から日本を訪れる方向で調整していることがわかりました。実現すればバイデン政権発足後、初めての閣僚の訪日となります。

複数の日本政府関係者によりますと、ブリンケン、オースティン両長官は今月15日から17日までの日程で日本を訪れる方向で調整しており茂木外務大臣や岸防衛大臣との外務・防衛閣僚会合「2プラス2」の開催も検討されています。

実現すれば、バイデン政権の発足後初めてとなる閣僚の日本訪問となります。

ブリンケン長官は今月、中国を「開かれた国際秩序に真剣に挑戦する唯一の国」と位置づける外交演説を行いました。バイデン政権は新たな対中国の安全保障戦略の策定を急いでおり、訪日した際には日本側と協議するものとみられます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

米政権発足後初 閣僚訪日 調整が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の米政権発足後初 閣僚訪日 調整に関しての画像や動画です。

米政権発足後初 閣僚訪日 調整の動画は以下から確認をお願いします。

米政権発足後初 15日から閣僚訪日へ調整

スポンサーリンク

米政権発足後初 閣僚訪日 調整のネットの声は?

米政権発足後初 閣僚訪日 調整のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「1995年、オーストラリアを訪問した中国の李鵬首相は、当時のキーティング豪首相に「日本は取るに足らない国だ。30~40年もしたら、なくなるだろう」と語っている。

「太平洋には中国とアメリカをを受け入れる十分な空間がある」
これは2013年6月、新たな中国の指導者となった習近平氏がアメリカを訪問、当時のオバマ大統領に伝えた言葉である。
米中による太平洋分割統治論とも呼ばれるが、ハワイを境に東太平洋をアメリカが、西太平洋を中国が統治するという考えだ。

アチラは尖閣諸島を皮切りに、ハワイを境に西太平洋を中国が統治しようとしている。
日米ともに危機感を持ってほしい。」という意見と
「実務者の訪日は大変ありがたい。首脳会談は、ここで色々と決めてからでよい。
まずもって議題は中共への対応となろうが、日本からは防衛費の増額と、それによるクアッドへの貢献を言明し、引き換えにアメリカの尖閣・台湾へのコミットの確約を取るべきだろう。
先に日本から差し出してでも、アメリカのアジア関与は確保しなくてはならない。
この点については、同盟重視のバイデンになって良かったと思う。」という意見と
「リモートでいいのに、わざわざ来日とは凄い。

中国対策が重要で緊急なのだろう。
訪日の後、韓国も訪問するようだが、どうなるか興味深い。
出来ればエスパー前国防長官のように、日本の防衛費をGDP比2%以上にするよう外圧をかけて欲しいと思う。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「さあ、韓国メディアが発狂する記事が出ますね。とにかく尖閣ならびに竹島領有権と同盟の対応について進化させてほしい。」
「岸防衛大臣と国防長官の会談は問題なしだろうが、茂木外務大臣は中国に弱腰だったことを考えると国務長官との会談が大丈夫なのか疑問。

ガースー総理大臣が出てくると、両長官も不安を感じるだろうから挨拶程度のほうがいいのではないか?
どのみち短命内閣だろうし。。。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

米政権発足後初 閣僚訪日 調整おわりに

今回は米政権発足後初 閣僚訪日 調整に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の米政権発足後初 閣僚訪日 調整は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回米政権発足後初 閣僚訪日 調整について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

米政権発足後初 閣僚訪日 調整の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

米政権発足後初 閣僚訪日 調整の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事