マスク会話トラブル 高音域が話題沸騰!実験でも?★画像・動画★ネットの声は?

マスク会話トラブル 高音域がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

マスク会話トラブル 高音域の概要は?実験でも?

マスク会話トラブル 高音域のニュースが次のように報道されています。

実験でも、マスクと飛沫防止カーテンのあり・なしで、聞こえ方に大きな差が出ており、マスクと飛沫防止カーテンありの音声は、高い音が少なくなり、こもって聞こえていた。

コロナ禍の今、会話が聞こえづらいなと感じたことはありませんか?
その悩み、高い音が関係しているもよう。

街行く人がマスクを着け、お店のレジには、飛沫(ひまつ)防止のための仕切り。

聞き取りづらいから、つい聞き返してしまう。
飛沫防止カーテン越しの会話。

コロナ禍ならではの、いわゆる「マスク会話トラブル」。

レジ店員「お互いさまだとは思う。『んっ?』って、働いていると聞き返しちゃう」

悩みは、お客さんからも。

客「『えっ?』って感じでちょっと近づく」、「質問したことに、違う答えが返ってきた」

全国1,000人を対象にしたアンケートでも、マスクやアクリルパネルなどで隔てた会話を聞き取りづらいと感じている人は、実に8割以上。

耳が悪くなったわけでもないのに、なぜ?

このメカニズムについて、ヒアリングジャパンの藤垣均さんは、「話の成分は、低い音と高い音がある。低い音は比較的抜けて通るが、高い音は非常に遮断物に弱い傾向がある」と話した。

実験でも、マスクと飛沫防止カーテンのあり・なしで、聞こえ方に大きな差が出ており、マスクと飛沫防止カーテンありの音声は、高い音が少なくなり、こもって聞こえていた。

こうしたマスク会話トラブルは、タクシー大手の日本交通でも。

利用客から、全体を覆うビニールカーテンで、乗務員の声が聞こえにくいなどの意見を受け、2021年1月にビニールをやめ、上に隙間を設けた「飛沫防止シールド」に取り換えた。

トラブル防止の対策はあるのだろうか。

ヒアリングジャパン・藤垣均さん「ゆっくり・はっきりと話していただくというところは1つのポイントになると思う。聞こえているふりをして、間違った解釈をするのはよくない。お互いを理解しながら、コミュニケーションをとる」

また、飛沫防止カーテン越しの会話の聞こえづらさは、年を重ねて耳が悪くなる「加齢性難聴」と似た症状でもあるため、まずは、聞こえ方の程度を手軽にチェックできるサイトなどで、自身の耳の状態を把握することも大切だとしている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

マスク会話トラブル 高音域が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のマスク会話トラブル 高音域に関しての画像や動画です。

マスク会話トラブル 高音域の動画は以下から確認をお願いします。

急増! 「マスク会話トラブル」 聞き取れないと困るレジ前 原因は“高音域”

スポンサーリンク

マスク会話トラブル 高音域のネットの声は?

マスク会話トラブル 高音域のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「確かにカーテンだと通じにくいこと多いかも。
男だけどコロナの前までは普段より高めの声で伝えたほうが店員さんに通じやすかった気がするけど今は逆の方が良いのかな。」という意見と
「加齢による難聴は高音域から聞こえ辛くなる、という点を書かないと。タイトルと内容だけではわかりにくいよ。」という意見と
「店員で マスクをズラして聞き取られる事が多いって言ってる人は1度自分の接客の声のトーンを見直した方がいいと思う」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「カーテンをする事により、本来の雑音が大きく聞こえてしまう人もいますよね。」
「聞こえないならば補聴器つけな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

マスク会話トラブル 高音域おわりに

今回はマスク会話トラブル 高音域に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のマスク会話トラブル 高音域は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回マスク会話トラブル 高音域について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

マスク会話トラブル 高音域の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

マスク会話トラブル 高音域の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事