減少傾向 維持が話題沸騰!首都圏では?★画像・動画★ネットの声は?

減少傾向 維持がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

減少傾向 維持の概要は?首都圏では?

減少傾向 維持のニュースが次のように報道されています。

アドバイザリーボードによりますと、首都圏では感染源やクラスターの発生場所が分からないケースが多いほか、夜間の人の流れが再び増える傾向も見られるということです。

 有識者で作る厚生労働省のアドバイザリーボードは、1都3県の状況について「感染者数の減少スピードが鈍化し、医療体制に厳しさが見られる」と分析しました。

 アドバイザリーボードによりますと、首都圏では感染源やクラスターの発生場所が分からないケースが多いほか、夜間の人の流れが再び増える傾向も見られるということです。

 病床の使用率が高い地域もあることから、リバウンドを起こさず減少傾向を維持していくことが重要だと指摘しました。

 委員の釜萢敏氏は、1都3県の緊急事態宣言を延長するという政府の方針について「大変ありがたく歓迎したい」と評価したうえで、「延長するなら、政府はその間に何をするのかを打ち出さなければ国民の理解は得られない」と述べました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

減少傾向 維持が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の減少傾向 維持に関しての画像や動画です。

減少傾向 維持の動画をどうぞ。

減少傾向の維持が重要 厚労省の有識者が指摘

スポンサーリンク

減少傾向 維持のネットの声は?

減少傾向 維持のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「日本の感染者数推移も北半球の推移も同じ。
緊急事態宣言対象地域も非対称地域も同じ。
科学的に観れば、何かしらの対策の影響より、季節要因にしか見えない。
アドバイザリーボードは、科学的に示して欲しい。
あまりの非科学的態度で恥ずかしい。」という意見と
「少子高齢化の日本で、昨年は11年ぶりに死者が減って、さらに風邪こじらせて亡くなる人は激減してて、それでも医療が逼迫する我が国の政策は言葉にならない」という意見と
「'厚労省の有識者'???

せめてタイトルの表現は正確にしてくれ!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「誰も知らない有識者、大した事言わない有識者(*´﹃`*)」
「こりゃ延長したほうがええわ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

減少傾向 維持おわりに

今回は減少傾向 維持に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の減少傾向 維持は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回減少傾向 維持について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

減少傾向 維持の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

減少傾向 維持の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事