フードデリバリー 業界団体立ち上げが話題沸騰!人口の多い市などから?★画像・動画★ネットの声は?

フードデリバリー 業界団体立ち上げがネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

フードデリバリー 業界団体立ち上げの概要は?人口の多い市などから?

フードデリバリー 業界団体立ち上げのニュースが次のように報道されています。

今後、県庁所在地など人口の多い市などから拡大していくとしています。また、需要の高まりを見込んでいて、注文金額の総額を、今年は去年に比べて倍増させたいとしています。

新型コロナウイルスの影響で宅配ビジネスの需要が高まる中、フードデリバリーサービスの大手、ウーバーイーツジャパンは、今年中に宅配エリアを全国規模に拡大する方針です。

飲食業界では、コロナ禍でデリバリーやテイクアウトなど調理されたものを自宅で食べるニーズが高まっています。フードデリバリーサービスの大手ウーバーイーツは、現在、東京や大阪などの33都道府県の一部エリアで配達をカバーしていますが、今年中に全国47都道府県に広げる方針です。

今後、県庁所在地など人口の多い市などから拡大していくとしています。また、需要の高まりを見込んでいて、注文金額の総額を、今年は去年に比べて倍増させたいとしています。

一方、ウーバーイーツや出前館など、フードデリバリーを提供する13社は3日、共同で、業界団体を立ち上げました。配達員の交通トラブルや労働環境の整備など、業界全体にわたる課題を解決していきたいとしています。

また、ドローンやロボットでの無人配送など、新しい事象の政府などとの話し合いも、業界としてまとまって行い、迅速で効率的な意思決定を図る狙いです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

フードデリバリー 業界団体立ち上げが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のフードデリバリー 業界団体立ち上げに関しての画像や動画です。

フードデリバリー 業界団体立ち上げの動画は以下から確認をお願いします。

フードデリバリー13社 業界団体立ち上げ

スポンサーリンク

フードデリバリー 業界団体立ち上げのネットの声は?

フードデリバリー 業界団体立ち上げのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「団体立ち上げたのなら、
・会員企業の全配達員のマナー向上(交通法規の完全順守等)
・守れなかった際の団体による罰則等の規定

しっかりと作っていただき、団体としてきちんと機能するように、
名前だけの業界団体とならないようにしてください」という意見と
「ブレイズ社のEVデリバリーは宅配には特に良いと思う。世の中のバイクがブレイズ社のEVにかわっていく雰囲気しかない。スペック、デザイン、価格面でも良いからなぁ。業界の人も一度検討した方が良いと思うが。」という意見と
「出来の悪い配達員の多いUberはホントなんとかしろと思う」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「一部モラルの低い配達員の抑制に繋がることを強く望みます。」
「天下り先キター!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

フードデリバリー 業界団体立ち上げおわりに

今回はフードデリバリー 業界団体立ち上げに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のフードデリバリー 業界団体立ち上げは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回フードデリバリー 業界団体立ち上げについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

フードデリバリー 業界団体立ち上げの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

フードデリバリー 業界団体立ち上げの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる