1月 有効求人倍率が話題沸騰!厚労省は?★画像・動画★ネットの声は?

1月 有効求人倍率がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

1月 有効求人倍率の概要は?厚労省は?

1月 有効求人倍率のニュースが次のように報道されています。

厚労省は「雇用への影響は感染状況より遅れて出てくるので引き続き注視が必要だ」としています。

 1月の有効求人倍率は1.10倍でした。2度目の緊急事態宣言の影響もあり、宿泊や飲食業などを中心に新規の求人数の減少が続いています。

 厚生労働省によりますと、仕事を求める人1人あたりの求人の数を示す有効求人倍率は、1月は前の月より0.05ポイント上がって1.10倍でした。

 この上がり幅は1989年のバブル期以来ですが、2度目の緊急事態宣言の影響で求人の数に対してハローワークへ来所する求職者の数が減ったことが要因とみられています。

 新規の求人数は78万6404人で、13カ月連続で前の年の同じ月より減っています。

 業種別では宿泊と飲食サービス業が前年同月比で37.5%悪化したほか、映画館など生活関連のサービス業も3割近く減っていて、依然として厳しい状況が続いています。

 有効求人倍率は、都道府県別では東京都や大阪府など9の都府県で1を下回りました。

 厚労省は「雇用への影響は感染状況より遅れて出てくるので引き続き注視が必要だ」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

1月 有効求人倍率が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の1月 有効求人倍率に関しての画像や動画です。

1月 有効求人倍率の動画をどうぞ。

1月の有効求人倍率1.10倍 緊急事態宣言が影響

スポンサーリンク

1月 有効求人倍率のネットの声は?

1月 有効求人倍率のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国からの入国を禁止しなかった、2Fが原因だよな(* ̄∇ ̄*)」という意見と
「と考えると1回緊急事態宣言解除して飲食店等の半回復を見込む他ないのか?
まぁ客が来るか来ないかは別問題だが」という意見と
「転職できんてこと?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「就職したら自分の人生は終わり。日本にホワイトなんて存在しないんだから。全てブラック。」
「速く回復する様に(´ω`)」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

1月 有効求人倍率おわりに

今回は1月 有効求人倍率に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の1月 有効求人倍率は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回1月 有効求人倍率について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

1月 有効求人倍率の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

1月 有効求人倍率の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事