東京 感染リバウンドの可能性もが話題沸騰!都内では?★画像・動画★ネットの声は?

東京 感染リバウンドの可能性もがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東京 感染リバウンドの可能性もの概要は?都内では?

東京 感染リバウンドの可能性ものニュースが次のように報道されています。

都内では週末の土日の感染者数がいずれも前の週を上回ったことから、都の担当者は、「花見や歓送迎会などイベントも多くなるため、感染がリバウンドする可能性がある」と警戒感を示しています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されている東京都内で、新たに121人の感染が確認されました。都内の感染者は、1週間ぶりに200人を下回りました。

東京都内の新たな感染者は10歳未満から80代までの121人で、都内の感染者は1週間ぶりに200人を下回り、150人以下となるのは去年11月4日以来です。

直近7日間の感染者数の平均は269.3人で、先週月曜日(2月22日)の329人の81.9%にとどまり、減少傾向は続いているもののペースは鈍化していて、都が感染抑制の目安としている「7割以下」を12日連続で上回っています。

都内では週末の土日の感染者数がいずれも前の週を上回ったことから、都の担当者は、「花見や歓送迎会などイベントも多くなるため、感染がリバウンドする可能性がある」と警戒感を示しています。

一方、重症者は6人減って61人でした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東京 感染リバウンドの可能性もが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東京 感染リバウンドの可能性もに関しての画像や動画です。

東京 感染リバウンドの可能性もの動画は以下から確認をお願いします。

東京121人「感染リバウンドの可能性も」

スポンサーリンク

東京 感染リバウンドの可能性ものネットの声は?

東京 感染リバウンドの可能性ものネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「「減少ペースが鈍化してきました」と言われていますね。陽性者が少なくなれば、ペースなんて落ちるのは自然の原理なのでは。

それを、メディアは、「気の緩み、気の緩み」と、我々の責任かのような言い方をして。少しの数字の増減に対して、バカのひとつのように「2週間前の行動」と言っていることが1年前と変わらない。

特に、北村教授なんて、「2週間前は、節分がどうのこうの」と。挙げ句のはてに、今日に至っては「バレンタインがあったから」と言ってしまう始末です。
さらに、「春は花見、日本人はどうしても花見は我慢出ないので、危惧しています」と。これが、東大出の方の言うことかと、呆れてしまいました。

節分、バレンタイン、花見とか言っとらんで、もっと客観的で科学的なコメントはできのかと。私達の行動を抑制したければ、もっと、まともなことが言えんのか。しょーもないこと言って惑わさんといていただきたい。」という意見と
「東京都のコロナコールセンターの相談件数は、開設以来最低水準まで減っています。感染者数が一桁とか十数人まで減っていた去年6月よりも遥かに少ないです。

民間も含めた検査体制が充実したことで、陽性者は以前より多いですが、感染拡大の状況としては、実はここ一年で一番落ち着いているのではないか、と思います。」という意見と
「リバウンドリバウンド言うならこのあと花見、ゴールデンウィーク、夏休み、紅葉、年末年始とずーっとリバウンドの可能性がありますわな。
ならば一生自粛しますか?!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「こういう報道、「リバウンドしている」と「リバウンドする可能性がある」を正しく使い分けてほしい。月曜日とはいえ120人だよ、減ってるじゃん」
「土日多かったのは火曜日祝日なので、通常木金多めが土日なっただけ。
それもわからず増えたとか言ってた頭の悪い知事がいましたが。

今日の減り幅は多すぎるのでおそらく明日に回ってる分があるとは思うが、週単位はまだ減少傾向だろう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東京 感染リバウンドの可能性もおわりに

今回は東京 感染リバウンドの可能性もに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東京 感染リバウンドの可能性もは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東京 感染リバウンドの可能性もについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東京 感染リバウンドの可能性もの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東京 感染リバウンドの可能性もの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事