広瀬すず 女優という仕事が話題沸騰!桜木杏は?★画像・動画★ネットの声は?

広瀬すず 女優という仕事がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

広瀬すず 女優という仕事の概要は?桜木杏は?

広瀬すず 女優という仕事のニュースが次のように報道されています。

今回広瀬さんが演じた桜木杏は、「視力は良好なのに(とある理由から)わざと度の強いメガネをかけている」という役柄です。眼鏡をかけた役柄を演じるのは珍しいですよね?

俳人・堀本裕樹の青春俳句小説を原作に、『五億円のじんせい』の文晟豪監督が広瀬すず主演で実写化した『ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-』(全2話)の前編が2月27日、夜9時からWOWOWで放送・配信される。人と関わるのが苦手で、ラップのリリック(歌詞)を考えるのが至福の時間だったものの、ひょんなことから俳句と出会い、新たな世界に触れていく芸大生リリックライター・桜木杏を演じた広瀬すずに、撮影の舞台裏や個性豊かな共演者とのエピソード、「見られるのが苦手なのに女優を続けている理由」などについて聞いた。

どれが「新しい広瀬すず」なのか

――今回広瀬さんが演じた桜木杏は、「視力は良好なのに(とある理由から)わざと度の強いメガネをかけている」という役柄です。眼鏡をかけた役柄を演じるのは珍しいですよね?

「もともとメガネだったけどコンタクトに変えた」という役を演じたことはあるんですけど、オールメガネは初めてです。だからしょっちゅうメガネをかけるのを忘れちゃって(笑)。

――ちなみに、広瀬さんご自身の視力はいいんですか?

私も杏と同じくすごく目がいいんです! だからメガネをかけると結構クラクラしちゃうんですけど、今回度の強いメガネをかけてお芝居をしてみたら「こっちの顔の方がいいよ!」「今めっちゃいいお芝居だった!」って、現場で褒めていただいて(笑)。レンズ越しの世界が違って見えるように「メガネ1つでそんなにも変わるんだ!」って、驚きました。

――レンズのせいで、普段より広瀬さんの目が小さく見える……とか?

あ、それも言われました! 「今日、目ちっちゃいね」って(笑)。

――俳句をきっかけに新たな自分と出会った杏のように、広瀬さんご自身も演じる役柄によって、新たな自分を発見することもありますか?

なんか私、ちょっと変なのかもしれないんですけど……。いろんな役柄をやるたびに「新しいすずちゃんを見られた気がしたよー!」って言っていただいたりもするんですけど、自分ではいままで1回も「新しい自分に出会えたなぁ」みたいに思ったことがないんですよね。

――というと……? あくまでも"自分が知っている広瀬すず"を、ちょっとずつ小出しにしているような感覚なんですか?

いやぁ、多分その逆で……。「これが私です!」みたいなことも1つも思わないですし、きっと自分について何も知らないからこそ、どれが「新しい広瀬すず」なのかよくわからないんだと思うんですよね。新しいことに挑戦するたび「あ、なんとかできた!」みたいな感じで、ギリギリでやっているというか……。でもやるからには中途半端になるのだけはどうしてもイヤなので、今回も不安な要素は細かいところまで全部詰めてから「じゃあ、やってみましょうか」って、台本をガッツリ読み込んでいった感じなんです。でもいざ監督にお会いしたら「僕はいま、これまで生きてきた人生の中で一番優しい気持ちになっています。だから、このドラマもすごく優しい作品にしたいんです」ってお話されていて、すごく素敵な言葉だなぁと思って。私も監督の気持ちに便乗するようなつもりで、クランクインしたんです。

――今回は「俳句とラップ」という異色の組み合わせが特徴ですが、「日本文化と音楽要素の融合」という意味では、『ちはやふる』シリーズで競技かるたの選手を演じ、『一度死んでみた』でデスメタルバンドのボーカル役を全力でやり切った際の経験が、杏を演じる上で役に立った部分もありましたか?

『ちはやふる』をやっていたからこそ、今回のお話をいただいたのかもしれないですけど、「あ、また言葉に関わりが深い作品だ!」っていうのは思いましたね。最初の段階ではもっとラップを披露する場面が多かったこともあって、「本当に私でいいのかなぁ。もっと向いている人がいるんじゃないかな」って正直不安になったりもしたんですが、『一度死んでみた』の時にたくさんの人の前でヘッドバンキングしながら何度も歌ったこともあって、ラップバトルもそこまで緊張せずにやり切ることができました。まずはラップの先生に独特のリズムを掴むコツを教えていただいて、ある程度できるようになったらスタジオに入って、あとはその場の勢いとライブ感を大事にしながらラップも同録しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

広瀬すず 女優という仕事が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の広瀬すず 女優という仕事に関しての関連画像や動画です。

広瀬すず 女優という仕事の関連動画をどうぞ。

広瀬すず、髪バッサリでイメチェン クセになるコミカル&キュートな動き AGC新TVCM『AではじまりCでおわる素材の会社はAGC』&メイキング

広瀬すず、ミニワンピで軽快なダンス披露!可愛く決めポーズ 『ソフトバンクロボティクス』新テレビCM「Whizで隠れダスト掃除」篇&メイキング

スポンサーリンク

広瀬すず 女優という仕事のネットの声は?

広瀬すず 女優という仕事のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「すずとアリスを比較する人が多い気がするけど、2人とも真の美人。こんな美人姉妹そうそう居ない。2人を産み育てたご家族もまたすごい。」という意見と
「字の綺麗さって大事だよね。仕事するようになって実感する。頭の良い切れ者の仕事できる人でも字が汚いと何だかな‥となっちゃう。
子供預けてる保育士さんでも連絡帳がギャル文字っぽいか、綺麗かだけで印象が全然違うんだよな。」という意見と
「字の綺麗さは大切。
履歴書などでもそうだが字が綺羅だと印象も上がる。
字を綺羅に書けることに損はない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「最近は字を書く機会が昔に比べて減っていますが、やはり字の美しさって大事だと思います。
小学生から高校卒業まで、近所の習字教室で習っていました。
別に何かのコンクールに出すわけでも段を取るわけでもなく、何となく優しいおばあちゃん先生に惹かれて通っていました。
大人になった今、字が綺麗だねと褒められると素直に嬉しいですね。
先生は数年前に亡くなりましたが、感謝しています。」
「就職したての若い頃、上司に字の汚さを指摘された。恥ずかしかったけど、それがきっかけで通信教育でペン習字を最後までやり遂げ、すっかり周りの人からは字が綺麗な人と認識されるようになりました。
今でもパート先で字を書いた時、仲間にもお客様にも褒めて貰えます。
あの時指摘してくれていなかったら…。あの時の上司のおかげです、感謝!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

広瀬すず 女優という仕事おわりに

今回は広瀬すず 女優という仕事に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の広瀬すず 女優という仕事は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回広瀬すず 女優という仕事について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

広瀬すず 女優という仕事の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

広瀬すず 女優という仕事の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事