リバウンド予測 第4波が話題沸騰!シミュレーションでは?★画像・動画★ネットの声は?

リバウンド予測 第4波がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

リバウンド予測 第4波の概要は?シミュレーションでは?

リバウンド予測 第4波のニュースが次のように報道されています。

シミュレーションでは、来月7日に感染者が200人程度まで下がって緊急事態宣言を解除した場合、5月の中旬ごろにはまた2000人近い感染者が出てリバウンド(第4波)が起きるという結果に。

緊急事態宣言の解除で感染の再拡大、リバウンドは起きるのでしょうか?データ分析と人工知能を使いシミュレーションしました。

▽“5月中旬に約2000人感染”の可能性
今回、東京都のケースをシミュレーションしていただいたのは、政府のコロナ対策のプロジェクトに携わった筑波大学大学院の倉橋節也教授です。

倉橋教授
「去年の6月以降の緊急事態宣言が解除された後と同じような行動をもし国民がとったらって前提ですけど“第4波”必ず来ると」

シミュレーションでは、来月7日に感染者が200人程度まで下がって緊急事態宣言を解除した場合、5月の中旬ごろにはまた2000人近い感染者が出てリバウンド(第4波)が起きるという結果に。
さらに11月には“第5波”が来るという可能性も示されました。

▽“ワクチン接種”第4波にどう影響?
政府の計画通りワクチン接種が進んだ場合のシミュレーションも行いました。

倉橋教授
「“第4波”変わらないですね。ちょっとしか下がってないです、やっぱり最初はなかなか効かないですよね。」

ワクチンを接種した場合、年末の“第5波”はほぼゼロになりますが、“第4波”は防げないという結果になりました。この「リバウンド」が起きるとされる5月中旬は、東京オリンピックの準備が佳境を迎える頃です。

倉橋教授
「東京だけですけど、(感染者が)1500人とか行っちゃいますので、オリンピックをやるっていうのはかなり苦しいかなっていう感じはします。当然オリンピックによって外国の人が来るわけですから、これ以上にリスクある。ただそれ(第4波)を防ぐ方法もひとつあります」

▽第4波を防ぐ方法は“緊急事態解除のタイミング”
倉橋教授はこのリバウンドを抑える方法もあるといいます。その方法を行った場合のシミュレーションでは第4波は400人程度に抑えられ、オリンピックが始まるころには100人程度になっています。
一体、どのような方法なのでしょうか?

倉橋教授
「緊急事態宣言を解除するタイミングをできるだけ100人くらいにまでになるように3月7日の感染者数を下げるという努力を国民にしていただく前提です。プラス、緊急事態宣言が解除されたからもう自由に外に出てみんなと喋って食事もしていいっていうのを止めていただき、外出はいつも会っている4人までにしてもらい、食事の時は斜めに座って遮蔽板を置くという事をしていただければ、実はここまで下げることができる。5月の連休までは緊急事態宣言が解除されても、できるだけ今までと同じくらいの強さで、その強度で感染を防ぐということが大事です。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

リバウンド予測 第4波が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のリバウンド予測 第4波に関しての画像や動画です。

リバウンド予測 第4波の動画をどうぞ。

リバウンド予測“第4波”を抑える方法とは?

スポンサーリンク

リバウンド予測 第4波のネットの声は?

リバウンド予測 第4波のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「> 政府の計画通りワクチン接種が進んだ場合、第4波変わらないですね

なら、思いっきりはね伸ばした方がいいじゃん。ってことになりそうだね。

> 第4波を防ぐ方法もひとつあります。今までと同じくらいの強さで、その強度で感染を防ぐ

今迄1年間、政府の訳の分からない、全く効果の無かった、全く成果の無かった彼らの言う事を我慢して聞いてきた国民達が、果たして大人しく我慢を続けられるかな?

五輪聖火ランナーの乱も始まったことだし、全国民の乱が始まってもおかしくない頃だと思うが。
はてさてどうなるか。その時が来るのを待つとしましょうか。

『堪忍袋の緒』は、切るためにあるんだからね!

終わったね、日本。」という意見と
「とても、現実的な話だと思いました。

医療体制作れだの、政府を批判してもしょうがない、
私たち一人一人の行動にかかっていることは、自明。

家を出るな、ということではない、移動しても構わない、
飲食店に行っても、観光地に行っても、いいと思う。

ただ、黙っていれば。
食事も、静かに。
騒がない、浮かれない。

これができないのなら、外に出ないで我慢。
人のせいにしない。

わざわざ、騒いで、浮かれることを促すような、
税金の使い方はしなくていいでしょう。

ちゃんと守れる人は、心得て、補助が出なくても旅行して、
楽しんで、経済を支えることができるのではないか?

そう信じたい。」という意見と
「>5月の連休までは緊急事態宣言が解除されても、できるだけ今までと同じくらいの強さで、その強度で感染を防ぐということが大事です

解除は早いと政府批判するわけでも無く、国民には自粛を強要するような意見ということかね?

あとオリンピック開催するために国民は自粛すべきみたいに聞こえるのはどうしてかね?オリンピックは多かれ少なかれリスクがあるということは認めている発言と思うが?

倉橋節也は経営学者ですよね?色んな専門家がいるが、色んな分野の人間が集まって指標とか考えないのかね?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「政府は、コロナと経済の両輪を回したい。欧米のように「ロックダウン」が出来れば、人的な移動は抑え込めるが、日本の現行の法解釈では出来ない。昨年の第一波の時のように、せめて「都道府県を跨ぐ人的移動」に制限をかけないと、直ぐに第三回目の「緊急事態宣言」を全国に出すことになります。時短営業を強いられている飲食店や、外食業界への「補助金」もどこまでも底なしに財源があるわけではない。昨年、声高に言われ続けた「三密回避」「ソーシャルディスタンス保持」「不要不急の外出自粛」「買い物は少人数で」なんて、もはや絵に描いた餅です。スーパーに行けば、家族連れがわんさか繰り出して、子供は店内を走り回っている。レジに並べば、前の人との狭い空間を平気で通過する輩もいる。もっとも、今回は、大阪府の知事が言い出したのだから、リバウンドしたら責任を取らないと。政府も専門家の意見は右から左に受け流してるしなあ。」
「抑えるとか。。

まだ、そんな傲慢なコト言ってるの??

当たり前にあるものとして生きて行かなくちゃいけないモノだよ。

インフルエンザだって、コロナと同じ様に統計取れば、同じかソレ以上の被害は出てる。

後遺症についてはまだ調査段階なのだろうけど、心因的なモノが強そう。。

濃厚接触者と指定されずに検査せず確定してないが、無症状で感染していたかもしれない人もいるはずだし、その方々の中に同じ症状出てる方から抗体が必ず出ればウイルス由来なのだろうけどね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

リバウンド予測 第4波おわりに

今回はリバウンド予測 第4波に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のリバウンド予測 第4波は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回リバウンド予測 第4波について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

リバウンド予測 第4波の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

リバウンド予測 第4波の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事