大阪モデル 黄色信号 移行が話題沸騰!府民に対しては?★画像・動画★ネットの声は?

大阪モデル 黄色信号 移行がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

大阪モデル 黄色信号 移行の概要は?府民に対しては?

大阪モデル 黄色信号 移行のニュースが次のように報道されています。

府民に対しては、会食は原則4人以下で、マスク着用で行うことや、歓送迎会や宴会を伴う花見などは控えるよう呼びかけます。

緊急事態宣言解除が決定したことを受けて、対象府県の営業時間短縮要請への対応です。

緊急事態宣言の解除に合わせ大阪府は、独自の「医療非常事態宣言」も解除し、「大阪モデル」は赤信号から黄色信号に移行すると決めました。

一方で、来月1日から21日まで、大阪市内のすべての飲食店に対し、時短要請を午後9時まで延長し協力した店には、家賃に応じて1日4万円から7万円を支給します。

吉村洋文知事「(1日の感染者が)2桁というのが底に近い数字ではないかと思う。これを維持していきたいと思う」

また府民に対しては、会食は原則4人以下で、マスク着用で行うことや、歓送迎会や宴会を伴う花見などは控えるよう呼びかけます。

一方、京都府も時短要請について、来月1日から7日までは京都府全域で、いまより1時間遅い午後9時までとすることを決めました。8日以降は対象エリアを京都市内に狭め、15日以降は感染状況を見て要請を解除するか判断するということです。

西脇隆俊知事「解除という文字が出れば緩む。一番重要なことは感染の再拡大、リバウンドをどう防ぐかにかかっている」

また、時短要請に応じた店舗に対しては、1日当たり4万円の協力金を支給するとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

大阪モデル 黄色信号 移行が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の大阪モデル 黄色信号 移行に関しての画像や動画です。

大阪モデル 黄色信号 移行の動画は以下から確認をお願いします。

解除決定 「大阪モデル」黄色信号に移行へ

スポンサーリンク

大阪モデル 黄色信号 移行のネットの声は?

大阪モデル 黄色信号 移行のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「もし、感染減少の維持が目的ならば、三密の削減が有効な手段となる。それは時短営業ではなく、実施すべきはキャパ削減と座席の位置関係なのでは?そして、誰とも会話をしない『孤独のグルメ』ならば、何も問題は無いはず。午後9時以降はウイルスの活動が活発化する訳でもない。行政にはこの理屈を理解して頂きたい。」という意見と
「まあね。どんなに下げることを目標にしても
ワクチン接種が進んでいない限りは一日0人にするには相当難しいからね。
時短緩和であっても一気にやるとパーになるかもだから徐々にね。」という意見と
「緊急事態宣言解除して危機感を無くすより
解除せず飲食店の時短営業だけを変更すれば良かったのでは。
大阪モデルって主張しても基準下げてるだけで意味がない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「20時が21時は数字上はそこまでの差ではないけど
1杯飲んで帰ろうって人は増えそうな気がするんで少し心配。
さすがに一般の方でも個人でできる感染対策を理解して
実践できてると信じたい。」
「「二桁が底」でほんとにいいの?
感染拡大の兆候を捉える感度を高めるには「一桁」をキープしなきゃならないのでは?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

大阪モデル 黄色信号 移行おわりに

今回は大阪モデル 黄色信号 移行に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の大阪モデル 黄色信号 移行は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回大阪モデル 黄色信号 移行について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

大阪モデル 黄色信号 移行の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

大阪モデル 黄色信号 移行の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事