リバウンド防止策 提言が話題沸騰!分科会は?★画像・動画★ネットの声は?

リバウンド防止策 提言がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

リバウンド防止策 提言の概要は?分科会は?

リバウンド防止策 提言のニュースが次のように報道されています。

分科会は、感染状況が下げ止まりした自治体に対し、感染リスクが高い集団に焦点を当て、症状がない人にも幅広くPCR検査をすることを求めた。

政府の分科会で、緊急事態宣言の解除を見据えたリバウンド防止策が提言された。

25日、全国で確認された新型コロナウイルスの新規感染者は1,074人だった。

東京では24日から127人増え、340人の感染者を確認し、5日ぶりに300人台だった。

また、神奈川や千葉、埼玉でも新規感染者数が100人を超えた。

宣言が出ている10都府県のうち、1都3県では感染者の減少スピードが鈍化。

一方、首都圏を除く6府県では、いずれも新規感染者が3桁を下回った。

25日に行われた政府の分科会では、宣言解除を見据えた「リバウンド防止策」が提言された。

分科会・尾身会長「緊急事態宣言解除して低くなった感染レベルがまた高くなる、いわゆる“リバウンド”ということが当然あり得る。ことしもまた年度末が来る。卒業旅行とか謝恩会とか歓送迎会があって、花見をして宴会ということになると、感染拡大の契機になるので、ことしはぜひ避けていただきたい」

感染リスクが高い会食については、混雑していない店を選ぶことや、会話のときはマスク着用以外にも、同居家族以外と会食する際の人数は、いつも近くにいる4人までなどとした。

また、飲食店に対しては、店内の二酸化炭素濃度を測定し、必要であれば換気を行う、声が大きくならないように店内のBGMの音量を最小限にするなどを求めた。

尾身会長「体調の悪い人や濃厚接触の可能性のある人が、キャンセルをしてお金をとるようなことになると(キャンセルしにくいので)、キャンセルポリシーということで、具体的には業界で決めてもらえれば。感染防止策が緊急事態宣言中に比べて、少し感染対策のレベルが低くなる、おろそかになりやすい。これは本当に一体感のある国・自治体、そしてそれに呼応する形での市民全体も、それぞれの役割を果たすことが求められるのが、私どものコンセンサス」

さらに分科会は、感染状況が下げ止まりした自治体に対し、感染リスクが高い集団に焦点を当て、症状がない人にも幅広くPCR検査をすることを求めた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

リバウンド防止策 提言が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のリバウンド防止策 提言に関しての画像や動画です。

リバウンド防止策 提言の動画は以下から確認をお願いします。

会食する時は...「リバウンド防止策」提言 緊急事態宣言解除見据え

スポンサーリンク

リバウンド防止策 提言のネットの声は?

リバウンド防止策 提言のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「リバウンド防止には人数制限よりも【黙食】が一番の効果だと思います。食事中も会話をせず飛沫が飛散しなければ、時短要請する必要性もありませんからね。逆にそれを守れないところをどうするかという議論が必要では?」という意見と
「実際やってみて下さい。会食時に会話する際にマスクすることはほぼ無理です。マスクして話をして、マスクして食事してを繰り返すことはほぼできないです。結局黙食になるわけですが、それなら会食する意味がないでしょう。先日も知人とカウンターで横並びで昼食をとりましたが、全く会話なし、非常に奇異なものとなりました。結局会食をするなと言うのと一緒です。ところで、病床数確保に向けての努力はされているのでしょうか。その努力が全く見えません。医療界は現状維持で乗り切ろうとしていますが、飲食店等には大幅な制限をかけています。何か釈然としません」という意見と
「対策はデータに基づき実施されるべきで、感染者が減った要因はどこにあるのか?解らない状況にある。人と人が接触機会が少なかったであろう強力なロックダウン体制を取っていたフランスでは、ここ3週間の検査陽性者数は2万人程度が毎日続いている状況だ。また、日本と同レベルの検査を実施している先進国ではゼロコロナを達成している国は存在しない。
大切なのは世界各国ではリバウンドした時の医療体制を十分に保っていることで、日本の専門者会議の専門家は医療関係者で『自分たちの儲けの医療システムの変更』をさせないために、ベッド数が他国に比べ多くても医者の数を増やさない事で看護師の数も制限される。その体制はすぐに改善できないという専門家もいるが、将来の致死率の高い感染症が発生する可能性を考えたらその医療システムも含め現状からの早期の改善が大切だ。
専門者会議の専門家は『国民の緩み』を指摘するだけで改善の方向性は見えない」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「テーブルの上に十字のアクリル仕切りを置くとかどうですかね?それなら、グループで座っても飛沫が"飛び交う"のは結構防げますよね。
でも全国の全店舗分もアクリル板は無い?あと、店によっては1人1人のスペースが狭くなりすぎる?
やっぱり現実的じゃないですかねぇ。
でも去年再拡大したことを考えると、厚労省や団体が作ってるガイドラインは見直す必要がありますね。」
「先日ゴルフに行ったら、4人組の1人がマスク無しに一生懸命にしゃべっていた。他の3人はマスクして大人しく話を聞いていた。一定数はこういう人が必ずいるので、支援金で、全テーブルに対面シールド設置を義務付けて欲しいと半年以上まえから思ってるんだけどなあ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

リバウンド防止策 提言おわりに

今回はリバウンド防止策 提言に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のリバウンド防止策 提言は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回リバウンド防止策 提言について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

リバウンド防止策 提言の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

リバウンド防止策 提言の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事