6府県 解除 決定が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

6府県 解除 決定がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

6府県 解除 決定の概要は?政府は?

6府県 解除 決定のニュースが次のように報道されています。

政府は26日、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の6府県について、来月7日の期限を待たず、今月末で緊急事態宣言を解除することを決めました。

政府は26日、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の6府県について、来月7日の期限を待たず、今月末で緊急事態宣言を解除することを決めました。
菅総理:「引き続き、緊張感を持って感染拡大防止を徹底してほしい。残る東京、神奈川、千葉、埼玉、1都3県では、感染者数は減少しているけど、医療提供体制が依然として厳しい状況。まずは、引き続き、飲食の時間短縮を徹底して行っていきたい」

こうした決定がなされた場合、総理による記者会見が行われるのが通例ですが、26日は“ぶら下がり”と呼ばれる短時間の取材形式となりました。記者から会見を行わなかったことについて、「高額の接待を受けた山田内閣広報官の問題が影響したのか」と問われました。山田内閣広報官は、会見で司会を務める立場です。野党からは、山田氏を隠すために会見を開かなかったのではないかといった指摘も出ています。
菅総理:「山田広報官のことは全く関係ない。記者会見のタイミングについては、最後までの状況を見極めたうえで、判断を行った後に、緊急事態宣言の全体について、きちんと会見を行うべき。(Q.会見がなくとも国民の協力得られるのか)こうしてぶら下がり会見をやっている」

記者からは、現在の厳しい経済状況についても問われました。
菅総理:「飲食の経営者をはじめ、色んな方にご迷惑はおかけしている。そういうなかで、政府としては出来る限りの支援はしたい」

最後に、記者会見について、改めて問われました。
菅総理:「(Q.正式な記者会見と、ぶら下がりはどう違うのか)それは皆さんが考えることじゃないか。首都圏で解除の方向性は出てないわけで、そういうなかで内閣総理大臣として、国全体の中で、発言はやはり控えるべきだと思う。(Q.今度の会見では最後まで質問を打ち切らずに答えるのか)私も時間があるから。でも、大体、皆さん出尽くしてるのではないか。先ほどから同じような質問ばかりではないか」

“ぶら下がり”は、約18分で終了しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

6府県 解除 決定が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の6府県 解除 決定に関しての画像や動画です。

6府県 解除 決定の動画をどうぞ。

6府県“解除”決定…総理“ぶら下がり”が紛糾

スポンサーリンク

6府県 解除 決定のネットの声は?

6府県 解除 決定のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「記者会見は、政府が国民にたいして発表する場。
ぶらさがりは、政府がマスコミへのサービスで質問を受ける場。

今回は、緊急事態宣言の解除をする県としない県を、国民に向けて発表することが、主たる目的でした。国民にとって、とても大事な情報です。ですからこの場合は、記者会見でなければいけません。

しかるに記者会見をおこなわず、ぶらさがりで代用したというのは、どうしてか?
「山田さん隠し」がいちばん自然に考えられる理由です。

仮にそうだったとすれば、国民に大事な情報を総理自身の声で知らせることよりも、身内をかばうことを優先させたことになります。」という意見と
「安倍-菅と続く自民党執行部の傲慢さが見られた非常に良い映像だった。

先日の丸山島根県知事が定時を過ぎても記者の質問に答えていた姿を見れば、政治家としての「格」は明らかに総理大臣の方が下の印象を受ける。
やはり政治家というのは、自分の言葉で語らねばその資格はない。
安倍政権以降、ペーパーを読むだけの会見とそれを垂れ流すだけのメディアにどれほど国民の失望感が高かったことか。」という意見と
「「行政に対する国民の信頼を大きく損なう」ことを、総理の広報官、総理の息子、問題を矮小化してさっさと終わらせたい自民党、そして、きちんと質問に答えない総理がしていることがすごい。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「記者会見を開かなかった。
山田広報官隠しは見え見えだ。
結果、ぶら下がり会見。
菅義偉にとっては、最悪の判断だった。
国民にとっては、最良の機会となった。
菅義偉の人間性が如実に現れたからである。
録画によって作られた虚像、
ライブ中継によって真実をさらけ出した。」
「記者が同じ質問になるのは、総理に何度質問しても論点をずらしたり正面から答えていないからだということが判ってないんだろうな。ちゃんと事実に向き合って正直に答えていれば何度も同じ質問をしないよ、メディアの記者だって時間があるんだから。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

6府県 解除 決定おわりに

今回は6府県 解除 決定に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の6府県 解除 決定は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回6府県 解除 決定について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

6府県 解除 決定の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

6府県 解除 決定の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事