栃木県 山火事 避難勧告エリアが話題沸騰!春先は?★画像・動画★ネットの声は?

栃木県 山火事 避難勧告エリアがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

栃木県 山火事 避難勧告エリアの概要は?春先は?

栃木県 山火事 避難勧告エリアのニュースが次のように報道されています。

春先は空気が乾燥して風も強い場合も多いため、火災の危険性は高くなります。

 消火活動が難航する栃木県の山火事。避難勧告エリアがさらに広がっています。

 栃木県足利市の山火事は空気が乾燥した状態が続き、消火活動が難航しています。

 21日に発生した火事で100ヘクタール以上が焼け、今も燃え広がっているということです。地図に示した青い線は消防による防衛線を表しています。

 避難勧告のエリアは、さらに拡大して対象となった世帯は300を超えました。

 26日の現場上空の風を示したものです。風速はそれほどありませんが、栃木県では引き続き乾燥注意報が出ていて、宇都宮の湿度は30%を下回っています。

 空気の乾燥による燃え方の違いを実験した映像。左が湿度30%、右が湿度80%でそれぞれ枯草の上に、たばこの吸い殻を置いて炎が上がるまでの時間を測定しました。

 枯草に燃え移り、くすぶった状態から3分が経過した時、春の気候を示す湿度30%で炎が上がり、10分後に夏の気候である湿度80%でも燃えました。

 春先は空気が乾燥して風も強い場合も多いため、火災の危険性は高くなります。

 森林総研森林防災領域長・玉井幸治さん:「一般に林野火災というのは最初に地面に落ちている落ち葉や枯れ枝が燃え始めるのが最初なんです。炎が大きくなると、今度は木に付いて生きている葉も燃えだすんですよ。それを樹冠火(じゅかんか)っていうんですけど。樹冠火になった途端、飛び火が発生するようになって非常に燃え広がる速度が速くなるんです」

 避難勧告が出ている地域の人が撮影した山林の様子を見ると、炎の手前は見える範囲のすべてが落ち葉で地面が覆われています。

 近くの住民は山の落ち葉について、こう述べていました。

 近くの住民:「落ち葉は、上は燃えてないけど下の土を通って燃えているというのは聞いた」「(Q.水を上からまいても中まで届かない?)それは消防の人も言ってましたね。急勾配過ぎて(水が)下の方まで届かないと言っていた」

 また、26日に上空から撮影した映像では燃え跡とみられる場所から再び煙が上がっていました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

栃木県 山火事 避難勧告エリアが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の栃木県 山火事 避難勧告エリアに関しての画像や動画です。

栃木県 山火事 避難勧告エリアの動画をどうぞ。

山火事鎮火を阻むカラカラ空気と地面を覆う落ち葉

スポンサーリンク

栃木県 山火事 避難勧告エリアのネットの声は?

栃木県 山火事 避難勧告エリアのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この山頂近くの休憩所でタバコ吸ってた人出て来いよ!!
堂々と出てきて真相語らないとダメだよ。
出てこないと全国の全喫煙者が責任追うことになるよ。」という意見と
「冬の終わりには 毎年山焼きをしよう
杉の花粉で迷惑しているんだよ!
丹沢 箱根などでも やってほしい」という意見と
「栃木県だよ。私は日光市のホテルで働いてます。お客様には近郊に住まわれてる方も居ます。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「いつおさまるか心配ですね。」
「結局原因はわからずじまい?
まあ誰かのタバコかな?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

栃木県 山火事 避難勧告エリアおわりに

今回は栃木県 山火事 避難勧告エリアに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の栃木県 山火事 避難勧告エリアは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回栃木県 山火事 避難勧告エリアについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

栃木県 山火事 避難勧告エリアの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

栃木県 山火事 避難勧告エリアの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事