河野大臣 高齢者3600万人分が話題沸騰!高齢者への接種については?★画像・動画★ネットの声は?

河野大臣 高齢者3600万人分がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

河野大臣 高齢者3600万人分の概要は?高齢者への接種については?

河野大臣 高齢者3600万人分のニュースが次のように報道されています。

高齢者への接種については政府は4月12日から開始し、26日の週から全国の市町村に行き渡る量を配送する方針です。

 新型コロナウイルスのワクチンについて河野大臣はファイザー社との交渉の結果、高齢者3600万人分を確保して6月中に供給すると発表しました。

 “ワクチン接種担当”河野規制改革担当大臣:「6月末までに65歳以上の高齢者全員に2回接種する分のワクチンを自治体に配送完了できるようなスケジュールで供給を受けることになりそうです」

 高齢者への接種については政府は4月12日から開始し、26日の週から全国の市町村に行き渡る量を配送する方針です。

 一方、今行われている医療従事者へのワクチンに関しては当初、見積もっていた370万人分について、少なくとも1回分を4月中に供給するということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

河野大臣 高齢者3600万人分が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の河野大臣 高齢者3600万人分に関しての画像や動画です。

河野大臣 高齢者3600万人分の動画をどうぞ。

6月中に高齢者3600万人分を供給する…河野大臣

スポンサーリンク

河野大臣 高齢者3600万人分のネットの声は?

河野大臣 高齢者3600万人分のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ワクチン担当大臣が3600万人の高齢者へのワクチン供給が昨日の時点では4月26日以降が不明瞭だと言う見解を述べていたが、
今日、6月中に3600万人分のワクチンが供給できるようフアィザーと協議できたとの公表は多少のタイムラグがあったとしてもワクチン入手に頑張っている。世界を敵に回さない程度で入手に頑張ってください」という意見と
「河野大臣の言う「供給する」とは、自治体側からすれば『6月中に届く』と解釈すると思うのだが、本当に信用できるのか?

自称「運び屋」の考える仕事の範囲がどこまでなのか判らないが、各自治体(市区町村)単位に仕分けと発送手配する作業だけでも、相当な手間と時間が掛かると思うが、実際は、6月中に3600万人分(×2回)のワクチンのファイザーから国への納品が確約されたというだけなのでは?

さらに言えば、自治体側では、接種を開始する前に、ワクチン希釈と接種場所単位への小分けなど準備作業が発生するであろう。」という意見と
「やはり遅く感じる
二月くらい遅い

景気が2ヶ月遅れたら待てない人も多い」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「で、河野さんは打たないの?」
「3600万人って、
すこし非現実的なのでは…?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

河野大臣 高齢者3600万人分おわりに

今回は河野大臣 高齢者3600万人分に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の河野大臣 高齢者3600万人分は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回河野大臣 高齢者3600万人分について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

河野大臣 高齢者3600万人分の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

河野大臣 高齢者3600万人分の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事