山田真貴子 職務続けるが話題沸騰!辞職を促された山田氏は?★画像・動画★ネットの声は?

山田真貴子 職務続けるがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

山田真貴子 職務続けるの概要は?辞職を促された山田氏は?

山田真貴子 職務続けるのニュースが次のように報道されています。

辞職を促された山田氏は、「職務を続ける中で、自らを改善したい」と述べ、辞職する考えがないことを明らかにしている。

総務省幹部をめぐる接待問題で、国会では、総務審議官だった時に、菅首相の長男らから7万円を超える接待を受けていた山田真貴子内閣広報官を、野党が追及した。

山田内閣広報官は、深く反省すると陳謝する一方で、菅首相の長男とは会食当日、話もしなかったと述べた。

山田内閣広報官「公務員の信用を損なうことになったことを深く反省している。本当に申し訳ございませんでした」

立憲民主党・今井議員「なぜこの時、自分でお金を払わなかったのか?」

山田内閣広報官「心の緩みで、利害関係のチェックが行き届かなかった」

山田氏は、長男らとの会食は、1回が確認されたのみだと説明したうえで、「放送業界全体に関する話はあったかもしれないが、一般的な懇談だった」と強調した。

また、ほかの事業者らとの会食についても「必要に応じて、ルールにのっとって行うことはあった」と述べた。

野党側は、山田氏が自らを“飲み会を断らない女”とした動画のメッセージを取り上げて追及したが、山田氏は、「若い人たちにとって、仕事で人脈を作ることは重要なことだと思って、そのように申し上げた」と説明した。

辞職を促された山田氏は、「職務を続ける中で、自らを改善したい」と述べ、辞職する考えがないことを明らかにしている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

山田真貴子 職務続けるが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の山田真貴子 職務続けるに関しての画像や動画です。

山田真貴子 職務続けるの動画は以下から確認をお願いします。

「長男と話もしなかった」山田真貴子広報官陳謝 職務続ける

スポンサーリンク

山田真貴子 職務続けるのネットの声は?

山田真貴子 職務続けるのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「出会うチャンスをものにして来たのだから、相手の素性はよく調べているはずだ。
菅総理の親族が誰か、接待の相手の親族が誰か調べるはずだ。
「総理と親戚ですか?
と聞くのが普通だ。」という意見と
「この会合を山田女史が欠席していたら、どうなったか。総務省の幹部や菅首相らの心象を害した可能性がある。自身の出世第一、倫理規定や国家国民は第二の彼女の意識の中に、菅Jr.の背後に控える首相の影があったことは、間違いないね。」という意見と
「長男と話をしようがしまいが、違法接待の場にいたこと自体がOUTだし、行政をゆがめる行為。
こんなひどい言い訳を、堂々と国会でたれるような人間が、居座り続けていい職務じゃない。
菅総理も、「任命時は今回のような事に関わっていた事をは知らなかった」といいつつ、
職務は続投させるとか、理屈も道理も通らない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「政府上層部の官僚として、人脈作りのために飲み会は断らない、という姿勢そのものに問題がある。カネのかかる飲み会は行かない、という基準はないのか。対象に許認可対象事業者であるか否かの判断は入っていないのか。もちろん今回の件で7万円以上の接待は常識の範囲を超える。いくら具体的はなしはなかった、行政は歪んでいないといっても国民に説得力はない。顔見知りの業者だから甘く判断したのだろう、と思われても仕方がない。そのような人物が首相官邸の顔である内閣広報官の職を続けると自らいう。恥知らずの無責任にも程がある。」
「東北新社に就職したときに、菅首相は総務省とは距離を置くように言ったと報道されてるけど、菅長男の一連の行動や総務省接待の状況を見てると、菅首相はどうも事態を知っていて黙認していたように思える。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

山田真貴子 職務続けるおわりに

今回は山田真貴子 職務続けるに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の山田真貴子 職務続けるは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回山田真貴子 職務続けるについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

山田真貴子 職務続けるの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

山田真貴子 職務続けるの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事