ガーナ コバックスが話題沸騰!コバックスは?★画像・動画★ネットの声は?

ガーナ コバックスがネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

ガーナ コバックスの概要は?コバックスは?

ガーナ コバックスのニュースが次のように報道されています。

コバックスは年内に23億回分のワクチン提供を目指していますが、世界的な感染拡大を封じ込めるには不十分とみられています。

 新型コロナワクチンを発展途上国に届ける国際的な枠組み「コバックス」による初のワクチンがアフリカのガーナに到着しました。

 WHO(世界保健機関)は24日、コバックスの枠組みを使った初めてのワクチン、約60万回分がガーナの首都アクラに到着したと発表しました。

 コバックスは世界的にワクチンの囲い込みが加速するなか、自力で調達できない発展途上国にも公平にワクチンが行き渡るよう先進国などが資金を出し、無償で提供する枠組みです。

 日本も約210億円を拠出すると表明しています。

 コバックスは年内に23億回分のワクチン提供を目指していますが、世界的な感染拡大を封じ込めるには不十分とみられています。

 WHOのテドロス事務局長は「公平なワクチンの分配が危機に瀕している」と表明しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ガーナ コバックスが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のガーナ コバックスに関しての画像や動画です。

ガーナ コバックスの動画をどうぞ。

「コバックス」枠組みの初ワクチン ガーナに到着

スポンサーリンク

ガーナ コバックスのネットの声は?

ガーナ コバックスのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「発展途上国でのワクチン配布で心配なのは医師の確保や冷凍庫の確保もさることながら,一番のネックになるのが部族同士の対立。
ツチ族とフツ族が殺戮を繰り返したルワンダみたいなところだと,政府側の部族がワクチンを独占してしまう。
反体制側の部族にはワクチンが届かないどころか,ワクチンが対立相手を倒すための武器に利用されてしまう。」という意見と
「日本も約210億円を拠出すると表明しています。
この「コバックス」からワクチンを受け取る隣国は日本に注射器を売るべきではないと騒いでおりますね。」という意見と
「お隣の国は、先進国であり日本と張り合ってるので、コバックスにさぞ高額な拠出をしてるでしょうね。

えっ、もらう側で申請してるの。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「韓国もコバックスで受けとるらしいですがな、自称先進国なのに
ほんと恥ずかしい」
「なんで、自分だけ、自分だけなんだ。自分だけは助かりたい。自分だけは十分なワクチンが欲しい。まったく、人間の浅ましさが丸見え。でも、コロナは様々なことで本当の姿を見せてくれるねー。ここから「人の振り見て我が振り直せ」になるか強欲の道をまっしぐらに行くかは我々にかかってるね」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ガーナ コバックスおわりに

今回はガーナ コバックスに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のガーナ コバックスは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ガーナ コバックスについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ガーナ コバックスの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ガーナ コバックスの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる