厚労省 専門家会議 指摘が話題沸騰!専門家らは?★画像・動画★ネットの声は?

厚労省 専門家会議 指摘がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

厚労省 専門家会議 指摘の概要は?専門家らは?

厚労省 専門家会議 指摘のニュースが次のように報道されています。

専門家らは全国の感染状況について、2月下旬以降、感染者の減少スピードが鈍くなっていることから再び増加するリバウンドに注意が必要だとしました。

 新型コロナウイルスの感染状況について、厚生労働省の専門家会議は感染者の減少が下げ止まっている可能性があると指摘しました。

 専門家らは全国の感染状況について、2月下旬以降、感染者の減少スピードが鈍くなっていることから再び増加するリバウンドに注意が必要だとしました。

 また、緊急事態宣言の解除が検討されている首都圏以外の6府県については医療提供体制に負荷の軽減が見られるとしましたが、感染者数の下げ止まりの可能性もあるとしています。

 宣言が解除されても引き続き感染者の減少に向けた取り組みが必要だと指摘しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

厚労省 専門家会議 指摘が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の厚労省 専門家会議 指摘に関しての画像や動画です。

厚労省 専門家会議 指摘の動画をどうぞ。

厚労省の専門家会議が指摘 感染者数リバウンド注意

スポンサーリンク

厚労省 専門家会議 指摘のネットの声は?

厚労省 専門家会議 指摘のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「リバウンドが嫌なら、国民にお願いとか抽象的な事ではなく、物理的に夜の店を8時以降閉めさせ続けるとかそれらのお店に酒類の提供を禁ずるとか、具体的な策を講じてください。そして絶えず効果検証を繰り返して、無駄と判明した事はすぐに取りやめて、有効だった策を積み上げて再生産数を継続的に1をわずかでもいいから下回り続けられるくらいに制限継続していく、合理的な行動を取って下さい。

解除したら全て元通りとか、なぜゼロイチの発想でしか考えられないのか、第一波の解除からすぐに増え始めたのを見ても何も考えない政府が不思議で仕方なかった。

感染ピークの時は累乗で作用するから、拡大制御も病床確保も効果的な対応などできず人間の力では対処不能になる。だから収まってきてる所でのコントロールが重要なわけで、その時は小さな数字にこだわっていかなければ結果には繋がらない。Gotoも入国緩和も慎重な判断とコントロールが必要。」という意見と
「リバウンドが怖いから引き続き自粛しとけと?
そして経済・社会・教育はコロナを抑えるためなら、別に活動抑えられても仕方ないんじゃないの?って?

自分にはまるで理解できないね
これから5年、10年先の日本を考えたらこの程度の感染症で全てを制限して、ここまであたふたしてどうするのって思う」という意見と
「発症日ベースでみた場合、緊急事態宣言前にすでにピークアウトしているし、gotoトラベルと陽性者数との相関もなし。
要するに、人の移動や政策で陽性者数が変動するのではなく季節的な要因が主。インフルエンザの流行曲線とものの見事に一致しているからな。
季節性とするとまた季節の変わり目で増加するのだろうが、それを気の緩みだとかのせいにしてまた緊急事態宣言を!とならないようにしてもらいたい。
それと、欧米と比べ桁違いに少ないコロナ患者でてんてこ舞いしているのなら、それは医療行政の立て付けの問題。緊急事態宣言や自粛と全然次元の異なる問題。そろそろ国民一人一人のレベルで問題点の整理ができてもよい時期だ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「感染にリバウンドなんてあるの?
自分たちに都合よく考えているだけじゃないの?
専門家ならば、理論的に説明して欲しい。
あるいは医学的に説明して欲しい。
最近は、ヒドすぎる。」
「もはや長くやりすぎて緊急事態って意識はないよね
やるなら早く強く短期間でが原則だったはず
遅く弱くだらだらとやってる意味はもうないね」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

厚労省 専門家会議 指摘おわりに

今回は厚労省 専門家会議 指摘に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の厚労省 専門家会議 指摘は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回厚労省 専門家会議 指摘について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

厚労省 専門家会議 指摘の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

厚労省 専門家会議 指摘の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事