菅首相 山田広報官 続投の考えが話題沸騰!山田内閣広報官は?★画像・動画★ネットの声は?

菅首相 山田広報官 続投の考えがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

菅首相 山田広報官 続投の考えの概要は?山田内閣広報官は?

菅首相 山田広報官 続投の考えのニュースが次のように報道されています。

山田内閣広報官は総務審議官時代に菅首相の長男らから1人あたり7万円以上の違法な接待を受けたことが明らかになり、24日、給与1か月分の6割を自主返納しました。

菅首相は24日夜、菅首相の長男らから国家公務員倫理法違反となる接待を受けた山田内閣広報官を続投させる考えを示しました。

山田内閣広報官は総務審議官時代に菅首相の長男らから1人あたり7万円以上の違法な接待を受けたことが明らかになり、24日、給与1か月分の6割を自主返納しました。

菅首相「山田広報官は今回のことについて真摯(しんし)に反省をいたしておりますので、今後とも職務の中で頑張ってほしい。(Q:山田氏が広報官に残るのは適切だとお考えでしょうか)深く反省をしてですね、おわびを申し上げてます。そういう中でやはり女性の広報官として期待をしておりますので、そのまま専念してほしい」

菅首相はまた、山田広報官を任命した責任について問われ「任命する際にはそうした違反行為については承知していなかった」と述べました。

一方、野党側は総務省の処分が不十分だと批判しています。

立憲民主党・福山幹事長「官僚に全ての責任をなすりつけて政治の責任は知らん顔というのは、いささか国民は納得しないのではないかと考えております」

立憲民主党の福山幹事長は「組織ぐるみで接待を受けていた事は遺憾」とした上で菅首相や武田総務相の責任を追及していく考えを示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

菅首相 山田広報官 続投の考えが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の菅首相 山田広報官 続投の考えに関しての画像や動画です。

菅首相 山田広報官 続投の考えの動画は以下から確認をお願いします。

菅首相“違法接待”山田広報官を続投の考え

スポンサーリンク

菅首相 山田広報官 続投の考えのネットの声は?

菅首相 山田広報官 続投の考えのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ふつうに考えて山田内閣広報官は辞めさせなければ世論は収まらないだろう。自分が抜擢した広報官だからこそ厳しく処分すべきではないのか。今後も重要な菅首相の記者会見の場で会見を取り仕切る人物として国民に顔を晒すのはどう考えてもおかしいだろ。
これは明日の山田内閣広報官の国会予算委員会での招致喚問も含めてまだまだ荒れそうだな。」という意見と
「甘い処分ではさらに国民の反感を買う そもそも公務員の服務規定を厳格にしないからこうなる
飲酒運転やあおり運転の厳罰化と同じようにすれば良い」という意見と
「違法なのに続投ですか?
呆れますね!
流石、安倍自民党独裁国家嘘つき悪党悪巧み連立政権を継承した菅政権ですね。
政治家も官僚も法律を自分達の都合の良い様に拡大解釈をしお咎めなしにする。
こんな国が本当に法治国家と言えるのでしょうか?
法に関わる裁判官・検察・警察・国税庁等が政治家に忖度する様では話しにならない!
法に関わる者として例え政治家でも悪い事をしたら裁かなければならない!
法の下では平等にしなければならない!
裁判官・検察・警察・国税庁に正義は有るのでしょうか?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「任命責任について、任命をする時にはそのことを承知していなかった。では、何故それが明るみになっても続投させるのか。逆にいえばそのことを承知していても任命したこととなるのではないのか。」
「菅氏の長男が原因なのだろうから、
山田広報官をクビにはできないのでしょう。
早々に幕引きにしたいということが、良く分かります。
菅氏の自助(自分の利益を優先する)精神が表れています。

東北新社は、長男をクビにするのが妥当なのでは。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

菅首相 山田広報官 続投の考えおわりに

今回は菅首相 山田広報官 続投の考えに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の菅首相 山田広報官 続投の考えは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回菅首相 山田広報官 続投の考えについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

菅首相 山田広報官 続投の考えの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

菅首相 山田広報官 続投の考えの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事