防災グッズ 進化が話題沸騰!?備蓄食のイメージ★画像・動画★ネットの声は?

防災グッズ 進化がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

防災グッズ 進化の概要は?備蓄食のイメージ?

防災グッズ 進化のニュースが次のように報道されています。

一方、非常食にも新たな展開が…。これまでの「食べない」備蓄食のイメージを一新し、いざとなったらおいしく食べられる「イザメシ」シリーズが登場しました。

 まもなく東日本大震災から10年です。そんななか、万が一に備える防災グッズが驚きの進化を遂げています。

 防災フェアのコーナーに積まれた段ボール。組み立てていくと、徐々に姿を現したのは1人で組み立てられる段ボール製の簡易ベッド。災害時、避難所で使用するだけではなく、コロナに感染して自宅療養となった場合でも家庭内での隔離がしやすくなるといいます。

 コロナ禍で問われる新たな生活スタイル。東日本大震災から10年を前に、防災グッズに関しても様々な「いざ」に対応するものが登場していました。真空状態の袋の中に濡れたタオルが入ったウォータータオル。避難所などでお風呂に入れない時、役に立つといいます。

 コロナ以降、屋内でのイベントが避けられてブームとなったのは屋外でのキャンプ。ウォータータンクは非常時にもキャンプの時にも使えるというので人気となっているそうです。

 一方、非常食にも新たな展開が…。これまでの「食べない」備蓄食のイメージを一新し、いざとなったらおいしく食べられる「イザメシ」シリーズが登場しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

防災グッズ 進化が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の防災グッズ 進化に関しての画像や動画です。

防災グッズ 進化の動画をどうぞ。

“防災グッズ”が驚きの進化!様々な「いざ」に対応

スポンサーリンク

防災グッズ 進化のネットの声は?

防災グッズ 進化のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「まだ任天堂の段ボールキットの方がぼったくりじゃなくて草」という意見と
「段ボールベッドは5分で組み立てれるとか言ってるの他にあったよね
コロコロタンクは流石にキャリーカートとタンク別の方が便利だし」という意見と
「段ボールが一万円は草」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ダンボールベットは単身赴任用にとそのまま廃棄できるとして、価格1万円にて11年以上前からありますけどね」
「防災ビジネスは、防災に拘らずに普段の使用をベースに震災時でも対応出来るビジネスが当たり前だよねー。

かなり価値が追いついて来たね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

防災グッズ 進化おわりに

今回は防災グッズ 進化に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の防災グッズ 進化は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回防災グッズ 進化について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

防災グッズ 進化の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

防災グッズ 進化の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事