栃木・足利市 避難勧告 山火事が話題沸騰!この地域では?★画像・動画★ネットの声は?

栃木・足利市 避難勧告 山火事がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

栃木・足利市 避難勧告 山火事の概要は?この地域では?

栃木・足利市 避難勧告 山火事のニュースが次のように報道されています。

この地域では風は23日に比べて弱まるとみられていますが、16日から乾燥注意報が出されていて、24日も空気の乾燥は続く見込みです。

 周辺に避難勧告が出された栃木県足利市の山火事は依然として延焼が続いています。4日目の24日も朝から消火活動が行われます。

 足利市などによりますと、山火事は21日の午後3時半ごろ発生して消火活動が続いていますが、少なくとも山林10ヘクタールを焼いて現在も延焼中だということです。

 けが人や周辺の住宅への被害は今のところ確認されていないものの、足利市は23日に周辺の72世帯に対して避難勧告を出しました。

 24日も消防車に加え、午前6時半ごろからは自衛隊がヘリコプターで消火活動を行う予定です。

 この地域では風は23日に比べて弱まるとみられていますが、16日から乾燥注意報が出されていて、24日も空気の乾燥は続く見込みです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

栃木・足利市 避難勧告 山火事が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の栃木・足利市 避難勧告 山火事に関しての画像や動画です。

栃木・足利市 避難勧告 山火事の動画をどうぞ。

栃木・足利市で避難勧告の山火事 朝から消火再開へ

スポンサーリンク

栃木・足利市 避難勧告 山火事のネットの声は?

栃木・足利市 避難勧告 山火事のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「山火事消火で陸上自衛隊のヘリコプターも出動しているようですが、10年前の国家的不祥事二度目の敗戦とも揶揄された「福島原発事故」時、米国から提供の申し出があった「冷却材」を断った経緯を調査すべきである。
当時のマスコミ報道では散布する器材がなかったと言うことであったが、はたして真実だったのか?
東電社長輸送中の空自輸送機が浜松上空で引き返した理由は翌日の救難のためにヘリコプターが必要で都内移動の都合が付かなかったと言う説明でした。東電から輸送依頼のあった高圧電源車については陸上自衛隊が装備する大型輸送機でも輸送不可能だと当初、説明されましたが、後日、検証した結果、かのうだと判明したと発表されました。この二点について許される説明か疑問です。
福島原発事故から10年目の節目を迎える今、国として正しく整理し改善すべきことは改善すべきだと思う。」という意見と
「何が原因でこんな大きな火事になっちゃったんだろう?」という意見と
「山火事で人命に危険が無いなら、安全を確保した範囲で延焼を抑え、雨を待てばいい
燃えるだけの木に消防職員、自衛隊員が危険を冒す必要はなし!人命第一で!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「乾燥している状態での消火活動が大変だろう!」
「強風が無ければ広がり方が多少は違うでしょう。
ここまで広範囲で燃えると悪戦苦闘するでしょう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

栃木・足利市 避難勧告 山火事おわりに

今回は栃木・足利市 避難勧告 山火事に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の栃木・足利市 避難勧告 山火事は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回栃木・足利市 避難勧告 山火事について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

栃木・足利市 避難勧告 山火事の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

栃木・足利市 避難勧告 山火事の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事